宇良

宇良 には正攻法の力士の可能性を大きく感じます





宇良がついに入幕しました。新時代の土俵の顔の登場、新たな風景を見せてくれる力士が現れました。

173cm・127kg、イメージとしては「技のデパート」の印象ですが、私の期待は別の部分です。

今までにも足腰が良い力士は大勢いましたが、宇良の足腰の良さ、特に反り腰の柔らかさは素晴らしいと感じます。

この50年あまりの中で、もっとも強靭な反り腰を持っていたのは横綱玉の海です。これは、間違いありません。

宇良は玉の海に匹敵する反り腰を持っているのかもしれない、との期待です。これまでの十両相手と、これからの幕内相手、相撲内容がどうなるか楽しみです。

玉の海は177cm・134kg、時代は違えども宇良の可能性について考えてしまいます。大関クラスの可能性です。

まずは立合いの当たり、そこで相手を止めて・・・。その柔らかい腰は、守りではなく攻めの武器です。

「技のデパート」ではなく、真っ向勝負の宇良。もちろん、すぐにそれが見られるほど甘くは無いでしょう。しかし、とにかく相撲が小さくならないでほしい、との想いが強くあります。

新入幕場所だからといって、派手な活躍は望んでいません。最初は通用しなくても、真っ向から挑んでほしいものです。それが将来の糧になるはずです。

その柔らかい腰でのリズミカルな寄りと押し、可能ならば吊りも。その足腰は玉の海以来の50年振り、さらに恐れを知らずに言えば、その以前は双葉山・・・何か話がデカくなってきましたが・・・。そんな夢を見させてくれるかも、というぐらいの宇良なのです。




力士名鑑 : 宇良

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です