黒姫山

「デゴイチ」 黒姫山 は「そら豆」のニックネームは?





黒姫山といえば殊勲賞を4回受賞しているように、横綱に強い力士でした。しかし、曲者という感じではありません。ぶちかましからの突き押しという取口もあるでしょうが、まずは温厚そうな人柄と、思いっきり顔にそれが出ていることが原因と思います。

そのぶちかましの威力からニックネームは、「デゴイチ」。蒸気機関車が消えていこうとしていた当時、「D51」の「デゴイチ」はメジャーなものでしたの。しかし私は、黒姫山の人柄が出ている顔から来ているニックネーム、「そら豆」の方が好きでした。ただこの「そら豆」、本当に呼ばれていたのか?自分の仲間内だけでのニックネームだったのか?もう50年近く経っていますので、定かではありません。

人柄は温厚でも、黒姫山のぶちかましは相当に嫌がられていたようです。大鵬が突き落された相撲がありますが、突き落としというよりも、ぶちかましが効いて倒れたように見えます。

黒姫山 大鵬

黒姫山 大鵬

大鵬のアゴが上がっているのが分かります。もろに入ったようです。このあと、それほど強烈とは見えない突き落としにバッタリと手をつきました。そして、北の湖も苦手でした。立合いに突っかけてしまった北の湖、立ちにくそうです。

黒姫山 北の湖

黒姫山 北の湖

そして、黒姫山のぶちかましを避ける道を選びます。そしてこの道は失敗となり、このあと一方的に押し出されることとなります。北の湖も、そのぶちかましの威力を恐れていたのでしょう。優しい顔で、取口は大横綱でも恐がる、そんな力士でした。それにしても・・・「そら豆」の記憶が・・・。




力士名鑑 : 黒姫山

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA