武蔵山 イケメン

十両の頃の双葉山もイケメンでしたが、ダントツのイケメンは武蔵山で決まりでした





最近のイケメン力士はいろいろと記事を見かけますが、こちらは昭和初期のイケメン力士、ベスト4です。

業師、関脇旭川。177cm・90kg、相撲史や記録に精通した相撲研究家。知的な風貌です。この時代としても、スリムな力士でした。この代わり、相撲は辛らつでした。昭和ハンパ相撲の代表といわれています。

旭川

平幕優勝もした関脇出羽湊、写真は春秋園事件のときのものです。革命を志した新興力士団はマゲを切って、その結束を確認したといわれています。こちらは、177cm・98kg。

出羽湊 イケメン

不世出の大横綱、双葉山も十両時代はイケメン力士でした。当時は幕内の花形力士にはなれても、横綱・大関を予想する親方も相撲ファンもいませんでした。それだけ、細い力士でした。このころは、まだ100kgは無かったでしょう。

双葉山 イケメン

昭和初期のイケメン力士のナンバーワンは、間違いなく横綱の武蔵山でしょう。とにかく人気力士で、その相撲の実況がレコードにまでなったのです。昭和初期ですから、レコードの吹き込みというと何か凄そうな感じがします。

武蔵山 イケメン

185cm・116kg、さっそうとした筋肉質の力士で、近代的なスポーツマンのようだといわれたそうです。驚異的な昇進の速さで、「飛行機昇進」と呼ばれました。

双葉山よりも2歳年上ですが、大関時代のケガが横綱昇進後に悪化して、「不運の横綱」として歴史に名を残すことになります。しかしその人気は、昭和初期の大相撲で一番といえるでしょう。

大相撲力士名鑑 : 武蔵山 双葉山 旭川 出羽湊

大相撲 幸運ブレスレット




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA