豪栄道

豪栄道 は四横綱を追いかける、最年長の若手力士です





私ごとですが、大相撲のメルマガやブログを始めたのは10年前。当時は力士の重量化と一取組あたりの時間の短さが目立ち始めたころで、それがメルマガ・ブログを始めようとした一つの要因でもありました。

立合い勝ちした力士が一方的に勝負を決める、淡白な相撲が増えて、アナウンサーが、「今の相撲は攻防がありましたねぇ」などとわざわざ言うと、逆に攻防のある相撲が少ないのを感じてしまう、という時代でした。

そういう時に、多少は強引なところがあるものの、廻しを引いたら強い豪栄道の登場に歓喜して、そのころの私のブログも豪栄道の記事だらけになったものでした。

それは朝青龍や白鵬と、がっぷり四つの熱戦を繰り広げる姿への期待でした。優勝争いに絡んだ、あの衝撃的な入幕から、もうすぐ10年になりますね。

豪栄道は今の四横綱に対戦成績では劣っていますが、対戦の中で感じるのは、「豪栄道には廻しを引かれたくないんだな」という動きを、四横綱ともにしているということです。

対戦成績に関わらず、その相撲には常に緊張感があります。それは、攻防が少なかったとしても。紙一重の勝負の積み重ねであったと思います。もちろん、見方が違う方もいるでしょうが。

豪栄道は、今でも追いかけている立場です。白鵬や日馬富士、琴欧洲に稀勢の里・豊ノ島・琴奨菊がほぼ同時期に入幕し出世を競った、その世代を追いかけて番付を上げていったのが豪栄道でした。

まだ豪栄道は、追いかけている途中です。優勝候補の力士たちが、何かしらの不安要素を抱えている今場所。豪栄道が前方の走者を、追い抜くときがくるかもしれません。

大相撲力士名鑑 : 豪栄道

大相撲 幸運ブレスレット




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA