高安

高安 の視界に入っているのは大関ではなく優勝ですね





大相撲夏場所3日目、宇良ー石浦戦での宇良の相撲振りや千代の国の稀勢の里への大善戦など、その他にも熱戦はありましたが、今日は高安です。琴奨菊も一瞬、吹っ飛ばされそうでした。

高安の以前の記事で武蔵丸を例に上げたことがありましたが、その記事は的外れのようです。もう、高安オリジナルが出来上がりつつあります。高安独特のカチ上げからの取口ですね。

武蔵丸が左四つで相撲をとっていた大関時代、パワーはあるもののパワーまかせの四つ身で、安定した成績は残すが貴乃花には勝てない、そんな力士でした。

高安の相撲も突き押しにしろ四つ身にしろ、コレだというものはありませんでした。体の強さを前面に出した相撲が、武蔵丸と重なったわけです。しかし、コレだというものが出来ました。

ここまで強烈な立合いは、今までそうは見たことがありません。かつて朝青龍が栃東を一発KOした、エルボーまがいのカチ上げや、白鵬が妙義龍をKOしたのは一発ではなく、張り手とセットのエルボーでした。

これは顔面に入ったタイミングが良すぎたわけで、そのうえ横殴りです。高安のカチ上げは正面からですから、基本的には力士が慣れているはずの方向からの衝撃です。

それが豪栄道、琴奨菊という頑丈な体の力士が一瞬、体が浮きました。ここで注意点としては、低くて速い立合いの力士が、後の先の立合いを仕掛けることです。

しかし、あまり心配はありません。2日目に解説をした舞の海が、こう語っていました。「高安は目がすわっているから、私が相手だったら怖ろしい」、分かります。

この目、気負いを感じさせない、それでいて冷静に獲物を狙うような目。今の高安の表情を見ていると、後の先の立合いを食う可能性は低いと感じます。

その獲物を狙うような高安の目が見据えているのは、大関ではなく・・・たぶん優勝でしょう。あの顔からは、そんな雰囲気が漂いまくっています。

大相撲力士名鑑 : 高安

大相撲 幸運ブレスレット




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA