高安

高安 は 白鵬 に把瑠都並みの扱いを受けるようになったのだ





大相撲夏場所は10日目になりました。まずは稀勢の里琴奨菊に完敗。今日は踏込みが、全くダメでした。琴奨菊に対して踏込みがダメだったら、稀勢の里の重心の高さが際立ちます。

琴奨菊に負けるときの、いつもの稀勢の里でした。琴奨菊も右を固めて、厳しかったですね。稀勢の里は肩の痛みで、強く踏み込めないのでしょうか?

明日から切りかえて・・・とにかく、琴奨菊は今までも対戦成績でリードされていた相手ですから、しょうがないですね。琴奨菊の意地もありました。

さて大一番の白鵬高安は、意外な展開となりました。意外というか、張りながら変化する立合いというのも、あまりお目に掛かれるものじゃないですね。

白鵬が入幕したばかりのころ、立合いに張り手をして、差さずに上手を先に引いたので、北の富士が「ありゃ、張り差しじゃなくて、張り上手だねぇ」と言ったことがありました。

張り変わりとでも言いましょうか、高安は為す術無しでしたね。それでも先に攻めようとしたところは、高安も良かったですね。さすがに、高安は実力者になりました。

それにしても、白鵬の攻めは慎重かつ厳しいものでした。あれだけ低く攻めるのは、把瑠都以来じゃないでしょうか。高安も、扱いが「怪物」把瑠都並みになったようです。

土俵下で高安も「オレも白鵬から、こんな感じで攻められるようになったんだ」みたいな顔で、白鵬を起こしてましたね。引きずる負けではないです。稀勢の里が引きずらないといいですけど。

大相撲力士名鑑 : 高安

大相撲 幸運ブレスレット




2件のコメント

  1. 高安が左四つや突き放しに磨きをかければ、これまでの対戦成績程一方的にはならないのではないか?
    そう思わせる今日の結びでした。
    既に素の体力なら互角以上にさえ見えました。
    けれど、自分の形を作ること、相手の長所を出させないことも一級品な白鵬ですから、どうなって行くかわかりませんね(体力は凄まじいものがあるだろう把瑠都や栃ノ心があれだけ大負けしていますし)。
    来場所以降も楽しみな取組が増えました。

  2. 鷹乃華さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    白鵬ー高安、これから楽しみですね。朝青龍ー白鵬、白鵬ー把瑠都は突然に失われました。
    白鵬ー高安には、世代交代の醍醐味を存分に味わいたいですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA