栃ノ心

栃ノ心 の今日の勝ち方は、あまり記憶に無いですねぇ





凄まじい星の潰し合いが展開されている大相撲名古屋場所、稀勢の里が2敗目を喫しました。それにしても栃ノ心、今日のような相撲を見たことは記憶にありません。栃ノ心と言えば、がっぷりに組んで廻しを引きつける取口です。

まさか前ミツを拝み取りして、それも差す方の右で前ミツを引いて、稀勢の里に何もさせなかった栃ノ心。形としては左四つに近い両差しという感じで、「こんな相撲を栃ノ心は取るんだ」との印象です。

ついこの前、栃ノ心の組んで引き付けての吊り寄りの相撲を、初代貴ノ花になぞらえたブログを書きましたが、そんな貴ノ花も優勝が懸かった横綱北の湖戦では、まったく違う相撲を取りました。

40年ちょい前のことですが、稀勢の里を寄り切った栃ノ心のシルエットが、北の湖を寄り切ったときの貴ノ花のシルエットと寸分違わぬかのように見えました。

回りくどい言い方でしたが、結局は栃ノ心は巧くなったなぁ~ということです。巧くなっただけでなく、先場所の勝ち越しインタビューのとき(怒りが収まらず?)風呂に入ってしまったのに、そのあと風呂上りに「さっきはゴメンナサイ」とインタビューに答えていたり。

「技」と「心」が成長して、それは年齢的にも最盛期に差し掛かってきたかなという感じで、これに「体」のヒザの具合が完調になれば、三つが揃います。こんな書き方だと、稀勢の里が力負けしたと言いたいみたいですが・・・。

そして鶴竜も黒星。鶴竜の強みは、局面が変わる場面での判断の速さと動きの速さ、です。しかし最近、若い力士に対して「速さ負け」し始めているのではないか、もっとも得意な部分で不覚を取っているのではと感じます。

それにしても、今場所の星の潰し合いは激しいです。今日の玉鷲ー嘉風も激しかった、というか素晴らしかった・・・、ファンは喜びますが・・・、一日一日、何かが起こります。

大相撲力士名鑑 : 栃ノ心

 

パワーストーンブレスレット:ローズクォーツで赤房をイメージしました




2件のコメント

  1. 栃ノ心が前ミツ取ったのを初めて見た。
    これを前日の白鵬戦でやってれば、対戦成績25戦全敗がストップするのでは、と思うが、白鵬も簡単に前ミツは許さないか。でも栃ノ心が右四つがっぷりの相撲に限界を感じたのは確かだろう。
    今年30歳の栃ノ心だが、まだまだ成長している。

  2. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    栃ノ心のキャリアで、この時期に前ミツを引く相撲というのに、リアリティを感じます。相手が稀勢の里というのも。意外と、一場所ごとに相撲が変わっていき、関脇復帰という可能性も?・・・さらに、その上も?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA