阿武咲

阿武咲 の四つ身は、大関以上を期待させる将来性を感じました





大相撲名古屋場所14日目、昨日「星の潰し合いを勝ち抜いている」と書いた嘉風を、阿武咲が破りました。業師の嘉風を左四つで寄り切り、二桁の10勝目を上げました。

とにかく、その四つ身の腰の構えや寄り方が素晴らしかった、やはり型の良さ、美しさは大切です。どんな競技も、フォームの良さは重要だと思います。理想のフォームが出来るには、出来るだけの体の充実と群を抜く運動神経が必要だからです。

相手が体の小さい嘉風だから出来た、というのは正論で、だから今は押しを磨くべきだという話になるでしょう。こっちが必要だから、こっちを磨きましょうというのが正論でしょうが、今は通用しなくても、通用するようになったら凄いことになる、というのもアリではないかと思います。

「廻しを意識するな」という言説をしばしば耳にする昨今、皮肉な言い回しで恐縮ですが、「謙虚な相撲」が多いと感じます。もっと、「厚かましい相撲」をとって欲しいのです。

阿武咲の場合は、突いても押しても、差しても廻しも引いても、という力士なので何でもするでしょうが、型にはまらず大きく育ってほしいですね。先日、貴乃花親方が解説で「阿武咲が強くなったのは、阿武松親方のおかげ」と話していましたので、その点は問題なさそうです。

来場所は、今場所の群雄割拠の星の潰し合いに、阿武咲も参戦することになります。ライバルの貴景勝の今場所のように、厳しい戦いが待っているでしょう。それでも、厚かましく挑んで欲しいと思います。

大関候補は、白鵬世代が番付を上げていった時代に匹敵するほどに充実しています。しかし「綱」となると、やはり四つ相撲。この点ではライバル貴景勝より、阿武咲に潜在能力の高さを感じます。

次の綱の候補は・・・阿武咲と貴源治って、気が早いし、まだまだ先だなぁ・・・。東京オリンピックぐらいか、もっと先かな。・・・それまで頑張れ!、白鵬!

大相撲力士名鑑 : 阿武咲

 

パワーストーンブレスレット:ローズクォーツで赤房をイメージしました




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA