阿武咲 貴景勝

稀勢の里 と鶴竜 が秋場所休場、で話は 阿武咲 と 貴景勝 のブレイクへの期待





横綱陣の休場が話題の秋場所が始まります。誰が好調、といった話題は少ない場所前です。前回は「鶴竜と若手の地力には、まだ差がある」といった内容で書きましたが、混戦となれば、やはり若手力士のブレイクを見てみたいところ。

一気のブレイクとなると、最短距離にいるのは御嶽海でしょうが、ポテンシャルということでは阿武咲と貴景勝の方に、個人的には目が行きます。特に、阿武咲がどこまで強くなってるか。

貴景勝の相撲の特長は、展開の変化に対する反応の速さと勝負強さにあると思います。言い換えると、相撲センスの良さということになるでしょう。それに対して阿武咲は、押し相撲ながらも相撲の幅を持っていると感じます。

押し相撲ゆえに前に落ちる場面もあり、その点では貴景勝の方が落ちない印象があります。これも貴景勝の相撲センスでしょう。前に落ちないという部分では、阿武咲も稽古で克服していくでしょうが。などと書いていて今、稀勢の里と鶴竜が秋場所を休場というニュースです。正直、ホッとしました。

阿武咲は廻しを引いて、相手を捕まえての相撲で、前に落ちる場面が減るのではと思っております。あの重心の低さなら、安芸乃島のようなドッシリとした四つ相撲が出来るでしょう。名古屋場所でも前廻しを引いての、四つ相撲が光った相撲がありました。

若手力士には「今のうちは押し相撲に徹して~」というのが普通かもしれませんが、阿武咲のキャリアを考えると、もう何でもして良さそうだと思いますが。

安芸乃島は琴錦のスピードに負けて、大関候補の一番手にはなれませんでしたが、阿武咲はスピードが身上。琴錦と安芸乃島の、良いとこ取りの力士をイメージ出来ます。

以前に御嶽の海の体型から横綱北勝海をイメージすると書いて、しかし御嶽海には北勝海のような「土の匂い」がしない、相撲がスマートだ、みたいなことを書きました。

「土の匂い」は、阿武咲からは匂ってきますね。あくまで個人的にですが、今の期待の若手力士の中で唯一、綱まで届く可能性を感じています。秋場所は、大きなチャンスですね。

ちなみに貴景勝の相撲センスからは、若乃花に連勝して逆転優勝したときの千代大海がダブりますね。あの頃の千代大海の相撲は魅力がありました。千代大海はその後、小刻み突っ張りと引き落としの相撲の型を作りましたが、果たして貴景勝は・・・。って、千代大海は大関在位記録を持つ名大関だった。

大相撲力士名鑑 : 阿武咲 貴景勝

パワーストーンブレスレット:ローズクォーツで赤房をイメージしました




2件のコメント

  1. 阿武咲は18歳で十両に昇進したが、新入幕まで2年以上、この間休場や幕下陥落も経験した。
    勝手な想像だが、この十両苦闘時代に押し相撲一本でいくことの限界を感じたのではないか。
    >>琴錦と安芸乃島の、良いとこ取りの力士をイメージ出来ます。
    これは無敵だ。かなり「クセが強い」力士ではあるが、間違いなく横綱が狙える。

    阿武咲の所属する阿武松部屋は貴乃花一門か。貴景勝とともに、貴乃花一門も人材が揃ってきた。
    まだ非主流派の一門で、辛い思いをすることもあるかも知れないが、腐らず頑張ってほしい。

  2. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    これほど優勝争いが場所前から楽しみな場所も、近年では珍しいですね。ぜひ期待通りの展開になって欲しいと思います。阿武咲と貴景勝、まずは先行するライバルの御嶽海戦を注目しています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA