貴源治

貴源治 の相撲に、これから注目していきます





幕下筆頭、いよいよ貴源治関取目前となりました。春場所で「サクラ咲く」といきたいところです。

貴源治に期待できる部分は、まずは体付き、筋肉の付き方ですね。伸びやかで均整のとれた、そして柔らかそうな筋肉を感じます。

立合いに突っ張りで先制することがほとんどですが、これは磨きをかけていって正解だと思います。今、意外と突っ張りが巧い力士は減っています。特に回転の速い突っ張りをできる力士が少ないですね。

左四つでの四つ身の動きは、なかなか良いのですが、右四つでもとれるという相撲ではないようです。ならば突っ張りで攻勢をかけ、そこから充分の左四つにもっていくという流れの相撲。若々しく、颯爽とした相撲です。

まだ幕下ですので相撲内容については、これくらいにして・・・。土俵に上がってから、四股そして仕切り、そこから立合いへ、この所作が良いですね。具体的な部分は次の機会にしますが、これは非常に大切なことだと思います。

もう一つ、これは所作にも、つながる話です。貴源治は闘志を表に出す力士ですが、それがパフォーマンスではなしに通常の所作に表すことができる力士です。このあたりは貴乃花親方の教えもあるでしょう。

最後にもう一つ、相撲以外のスポーツ経験者に入門してほしいと考えているのですが、バスケットボール出身というのも楽しみです。体にバネがありそうですね。一番、望んでいたパターンです。

そういうスカウト活動をドンドンしてほしい、と思っていたら、さすが貴乃花親方です。バスケットボール出身とは、かつてのライバルの曙と一緒です。感じるものがあったのかもしれません。

ということで、これから貴源治の相撲に注目していきます。




力士名鑑貴源治

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA