貴乃花

貴乃花 をワイドショーで見なくなって、良いんじゃないですか





平昌オリンピックも羽生選手の出場とあっては、貴乃花の話題がワイドショーに入り込む余地もない今日この頃。如何、お過ごしでしょうか。

「あの現場にいた力士は土俵に上がるべきではない」といった白鵬を意識した貴乃花の発言も、ワイドショーで取り上げられることも無く、いささか拍子抜けという感じです。

「土俵に上がるべきでない」発言については、山本晋也氏にはもう少し掘り下げてほしかったような。貴乃花の言う趣旨は理解しても、言ってることは「引退してくれ」みたいなことだし。

山本晋也氏と言えば、ブルーハーツがNHKに初出演(残念ながら最後?の出演)したときも進行役だったなぁ。あれはちょうど貴乃花が初優勝した時代、凄いな、よく分からないが。貴乃花の聞き役として、相応しい気もする。

そして横綱とは?という質問に、今のバラエティー風に言うと「喰い気味に」貴乃花が答えた「包容力」。たしかに貴乃花の取口は、相手力士に攻めさせておいて料理する、「包容力」のある取口でした。

取口で「包容力」を判断するとなれば、包容力が無い横綱は、立合いの駆け引きに長けた三代目若乃花、素早い動きで相手の攻め手を封じた朝書龍、そして張り手とカチ上げの白鵬の三横綱を意識しているように考えるのは、私の考え過ぎか?

しかし取口が辛辣というだけで包容力が無いと考える、私も短絡的だ。若乃花は曙や武蔵丸には仕掛けたかもしれないが、千代大海や栃東には思い切って来られたし、朝青龍と白鵬は常に優勝争いの中心にいる安心感を土俵に与えた。

辛辣な取口の極めつけは、貴乃花の伯父の土俵の鬼なわけだが、小さな体で大きな力士をガッチリと受けておりました。包容力を感じます。その土俵の鬼の一番のお気に入りだった日馬富士も、引退した今振り返ると、取口や雰囲気は少し初代若乃花に似ていましたね。

以上、「土俵に上がるべきでない」発言と「横綱は包容力」発言について、何となくワイドショーでは取り上げても盛り上がりそうに無いなぁ。「横綱とは?」なんて、ワイドショーでは扱わないだろうし。さて、土俵に集中して3月を迎えましょう。

大相撲力士名鑑 : 貴乃花




2件のコメント

  1. 「行方不明」だった貴ノ岩があっさり出てきた。
    >>貴ノ岩、3か月ぶりに姿みせた 足取りしっかり回復順調の様子 2/13(火) 9:32配信
    >>http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20180213-OHT1T50100.html
    >>車に乗り込む前は足取りもしっかりしており、心配された体調面は順調に回復している模様だ。
    平昌オリンピックで日本人メダリストが続出して、ワイドショーもオリンピック番組で中止になってる時期を見計らっての登場だ。オリンピックがなかったらどうするつもりだったのだろう。
    ネットで検索すると、なぜかスポーツ報知と日刊スポーツだけが報道している。日馬富士の貴ノ岩暴行をスクープしたスポニチは無視だろうか。貴ノ岩の復帰を報道してこそスクープは完結すると思うが。

    まあ2月7日の貴乃花特番で、一連の騒動は千秋楽なんだろう。日馬富士は引退、師匠の伊勢ヶ濱親方は理事辞任、貴乃花親方は理事選2票落選、貴ノ岩は十両最下位に陥落、誰も得をしていない。「あの現場にいた力士は土俵に上がるべきではない」発言は「白鵬、お前も道連れだ」という意味じゃないだろうな。後味は良くない。
    春場所初日まで1ヶ月ない。貴ノ岩、十両最下位なら勝ち越しぐらいはできるか、と思うが。
    初日いきなり炎鵬と対戦だったりして。

  2. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    とりあえずは、貴ノ岩の春場所復帰を見守りたいのが一番です。あの右四つの、広い肩幅からの型の良い相撲。私の、個人的に好きな相撲の型を持っている貴ノ岩。白鵬うんぬんは抜きにしても、炎鵬との取組は楽しみですし、「白鵬翔」と一字違いの「大翔鵬」との右四つ合戦も楽しみです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA