貴公俊

春場所は貴源治と貴公俊、そして元気と大賀と蒼だ、誰だ?





さて3月、春場所です。見どころの多い土俵です。高安栃ノ心、並外れた力強さの相撲を見たいですねぇ。圧倒的な、規格外の、って表現したくなるぐらいの。

先場所は高安世代の逸ノ城遠藤照ノ富士竜電を注目する力士に上げましたが、今場所は逸ノ城・遠藤・竜電と、大関レースをリードしている御嶽海の取組が面白そうだ。照ノ富士は心配だが。

幕内の話はこれぐらいにして(短過ぎるが)、貴源治と貴公俊に注目したい。まずは貴源治、貴公俊が十両に上がったことが刺激になって、一気にブレイクとなるか?

この二場所、本当に微妙な甘さを突かれて星を落とすことが多かった。何かのきっかけで、そこを打ち破れそうな感じがするのだが、それが春場所との期待がある。

そして貴公俊、双子ながらも貴源治より一回り小さく、少し遅れての新十両。だけど、どうだろう? 貴源治は、その体の大きさを逆利用されたような負け方を見ることがある。

対して貴公俊は、何かピタ~と相手に密着して勝つ場面を、これもよく見る。その体の違いが相撲の質の違いになっていて、貴公俊への楽しみは大きい。貴源治よりも本格派の四つ相撲をとれるのではないかと。

ということで「15歳、相撲未経験」力士つながりで、就職場所の春場所の「相撲以外のスポーツ経験者」の新弟子の話もしたい。バスケットボール出身の、貴源治・貴公俊と競える力士になるかも。気が早いが。

一人目は神谷元気、もう入門しているから敬称略で良いか。極真空手の中学チャンピオン、空手出身というのが興味深い。183㎝・121kg、写真を見ると顔付きも引き締まっている。体も相当、ゴツいだろう。

以前に柔道の全日本チャンピオンの岩釣兼生氏が、「柔道の鬼」木村政彦から空手の稽古もさせられ、空手で拳を鍛えると柔道の「握り」が強くなった、という話を読んだことがある。

空手の選手は「握り」が強いとなれば、これは霧島の陸奥部屋なだけに楽しみだ。廻しの「握り」が強く、そのうえイザとなれば掌底のような張り手、などと今から想像してしまう。

二人目は丹治大賀、こちらは新体操出身で、相撲は中学2年からだから1年ほど。183㎝・68kgと、今どきでは思いっ切り細い。しかし新体操をしていた私の友人は体は細かったが、ふくらはぎは異常に発達していた。

ヒザから下が強そうだし、腕が長いのも特徴のようだ。写真を見ると、母親がロシア出身なだけに男前だ。ジャージ姿ながら、しなやかそうな体に見える。柔軟さと体幹の強さは新体操仕込み。

部屋も大波三兄弟の荒汐部屋だから、これも取口や太り方も何かピッタリなような。そして大波三兄弟と同じ福島市出身とのこと。

三人目は、こちらは高卒ですがサッカー出身の馬場蒼。ゴールキーパーをやっていたそうで、たぶん細かい足技よりも運動能力に長けた選手がゴールキーパーになりそうだ。

181㎝・84kg、「筋肉質で、千代の富士さんのような力士になりたい」とのコメント、良いじゃありませんか。東関部屋、振分親方だから安心かぁ。安心か?

相撲以外のスポーツ経験者で貴源治・貴公俊世代の力士として、これから伸びてほしいなぁ。アマチュア相撲出身力士との取組も楽しみで、これは豊昇龍納谷が相手だな。「平成30年初・春組」、なんて言葉が出来るかもしれない。それにしても気が早いな。

大相撲力士名鑑 : 貴源治 貴公俊




4件のコメント

  1. 元気と大賀と蒼はこれから山ほど報道されるだろうから、今取り上げておかないと次はないかも知れない新弟子を紹介します。
    八角部屋のツイッター(https://twitter.com/hakkakubeya/status/965772541229871104)より
    >>岩森 凌 18歳 北海道幕別町出身 高校時代は軽音部に所属していました
    最近の相撲関係のツイッターにもれなく付いてくる「クソリプ」は無視して、とにかく身長190センチ、体重190キロだ。
    >>はまったのは音楽。最初はエレキギターに挑んだものの、手がでかすぎて6本弦を一気に2本押さえてしまい、4本弦のベースへ…。
    >>https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201803030000563.html
    失礼ながら絶対ドラムだと思っていた。

    >>平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)女子スピードスケート金メダリストの高木菜那・美帆姉妹と同郷
    これがなければ、日刊スポーツで大きく取り上げられることはなかっただろうが、さてどこまで番附を上げることができるか。

  2. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    筋肉質で相撲以外のスポーツ経験者の新弟子が現れると、期待が膨らむ今日この頃ですが、軽音部で190㎝・190kgと聞くと、大化けするかもとも思ってしまいます。春場所にはそういう楽しみがありますね。阿武咲・貴景勝・貴源治・貴公俊のように、20歳ぐらいでの関取誕生を楽しみに待ちましょう。

  3. 馬場蒼の身体能力は大したものだと思います‼️
    それよりも 思いっきりの良さが 素晴らしいタイプ
    勇気のいる キーパーが飛び出すタイミングが素晴らしい選手でした‼️
    筋肉質で 瞬発力をもったまま
    身体を大きくしていって欲しいですね

  4. ばんちゃん京都応援団さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    馬場蒼、楽しみな力士です。ゴールキーパーは足技よりも身体能力で選ばれるのでは、とサッカーのド素人の私は想像します。若い力士に求めたいのは、技術よりも運動能力です。来場所は序ノ口も気になる場所になりそうです。今場所でさえ、納谷と豊昇龍で盛り上がりましたが、さらに蒼に元気に大賀ですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA