阿炎

阿炎 が大関候補と呼ばれる力士へ、回転の速さは技術か?性格か?





春場所で注目した力士、竜電と輝、そして今回は阿炎ですね。大相撲のSNSでも、相変わらずの人気の高い阿炎。とうとう夏場所は、横綱・大関と当たるところまで上がってくるわけだ。

悪く言うつもりではなく、阿炎は強くて番付を上がってきたというよりも、「なかなか負けない」という相撲で勝ってきた印象が強い。大相撲では「強い」よりも、むしろ「負けない」の方がホメ言葉となることがある、と私は思う。

土俵際の動きなどは、千代大海並みの足捌きだ。動きの大きさは千代大海を上回り、「牛若丸」藤ノ川並みだ。いや言い過ぎた、そこまではいかない。

錣山親方は阿炎に、しばらくは廻しを引かせない方針らしい。四つ相撲が好きな私も、この意見には賛成する。阿炎は、もっと突っ張りに専念する方が良い。なぜなら、阿炎は突っ張りがまだヘタだ。・・・私は阿炎を嫌いなのか?

今の土俵は、突き押しを得意とする力士が多い。正確には、オールラウンダーで突き押しを前面に出している力士が多い。そしてさらに正確に言えば、突きよりも押しがメインの力士が多い。

そんな中で、阿炎は突っ張りが出来る力士だ。威力もある。だから引き技が決まるわけだが。先ほど、ヘタと書いたけど、ヘタとはちょっと違う。本当にヘタなのは、ベテランと呼ばれる域になっても、今でも相手の目に指が入ってしまう碧山か。

何と言うか、ボクシングなんかで、パンチを打つよりもパンチを引くスピードが大事とか言うけど、その突っ張りを引くスピードが遅いって感じ。

パンチに例えなくても、回転が遅いと言えば済むことだが、実感として引くのが遅いなぁと見えてしまう。相対的に他の力士と比べれば速いのだが、初めから比較する力士は寺尾だから、見る目も厳しくなる。

今のままで廻しを引いた相撲を覚えても、小結クラスの力士にはなる、でしょう。イメージとしては竜虎か。取口だけじゃなく、そのタレント性も龍虎クラスかも。食レポも出来そうだ。出来そうだ、というより巧そうだ。

しかし阿炎は当然、大関を狙うべき力士だ。突きからの引き技で龍虎を想起したのだけど、その威力は豊山を彷彿とさせる。大関になった方の豊山。豊山の突っ張りも、実際のところは富士櫻や麒麟児よりも回転は遅かったわけだが、それでも阿炎よりは速かった。少しの違いだが。

感じるのは、次の一突きを繰り出すための「心の粘り」みたいなものが必要かな?と、抽象的かな。そうなると、阿炎の性格の問題? とにかく、夏場所も注目だ。

大相撲力士名鑑 : 阿炎




4件のコメント

  1. 阿炎関は今の体重がベストじゃないでしょうか?
    一気にもっていかれるほど軽くはないが、動きに支障が出るほど重くもない
    これより重いと怪我の心配が一気に増えそうな気がします
    今の体重のまま、上位陣との経験を積んでくれるとうれしいのですが‥
    あと直接の相撲には関係ありませんが取組前の遠藤関、阿炎関の四股は非常にきれいですね
    (宇良もですね、しっかり怪我を治してほしいところです‥)
    優雅さのある遠藤関に、きびきびした阿炎関
    こういう四股ができている間は、まだ伸びると個人的に感じております

  2. veloさんへ
    コメント、ありがとうございます。
    阿炎とともに最近のコラムで書いた竜電・輝も、その身長と体重のバランスが均整のとれている力士です。阿炎も今がベストに近いのでは、と思っております。持ち前のスピードと運動神経で、上を目指せる力士ですね。その四股の美しさも、体重とともに保ってほしいものです。宇良もケガを治して、万全での復帰が待たれます。長いこと、宇良のコラムも書いておりませんが、復帰してから書こうと思っております。

  3. 昭和50年5月場所の天覧相撲での麒麟児vs富士櫻とか、昨年7月場所十日目の高安vs宇良とか見ると、コストパフォーマンス無視というか、貰ってる給料以上の仕事をしている、と感じる(2018年では悪く解釈されそうだが)。
    阿炎が物足りないのはこのあたりか。上記の名勝負は何十年に一番、といったレベルで、毎日こんな相撲は取れないだろうが、泥臭さとか必死さにやや欠けるような気がする。阿炎には似合わないかも知れないが。

    手足の長さは十分武器になっている。線の細さも無くなってきた。夏場所、白鵬・稀勢の里が出場するかまだ不明だが、とくに白鵬戦は楽しみだ。阿炎、いきなり立合い変化したりして。

  4. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    阿炎がまだ幕下のときだったと思いますが、白鵬の張り差しが何やかやと言われ始めたころです。白鵬に対して下位の力士が張り手をしないのは、礼儀うんぬんじゃなくてただ出来ないだけだと。そして白鵬に張り手が出来る可能性が有る、取口・スピード・度胸があるのは阿炎ではないかとコラムで書いた記憶があります。当時は阿炎の相撲を見た機会が少なく、実際には阿炎は張り手を見せる力士ではないのは、後になって分かりました。それでも、何かはやってくれそうですね。阿炎らしい、何かを。・・・あっさり終わるかも。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA