貴源治

貴源治 のたたずまいが何か期待感がある今場所、漠然とした言い方だけど





鶴竜まで休場した名古屋場所、さらに栃ノ心もケガらしい。昔から暑さの厳しい名古屋場所は、実は荒れる春場所よりも荒れていた歴史があるわけだが、本当に荒れ始めている。

雰囲気は御嶽海という感じだ。遠藤も強い勝ち方をしているが、強い勝ち方をしているから勝ち続けられるわけでもない。そして強い勝ち方というよりも、たたずまいが強そうになったのが貴源治、のような気がする。たたずまいって言い方自体、漠然としているけど。何か、期待を持たせてくれるたたずまい。

ひと言で言えば、「地力がついてきたなぁ」というところか。この部分がというところも無いし、相撲の型が定まってきたというわけでもない。う~~ん、足の裏が土俵をしっかりと捉えている、という感じかなぁ、初日から3連敗だったが。

今場所あたりで結果を出すかも貴源治、今の若手力士で大関をイメージ出来ても、横綱をイメージ出来るのは貴源治と、引き技を封印したらの条件付きで阿武咲。

幕内中位ぐらいから十両までの、実力が伯仲していると感じる昨今。だから一気に幕内上位になる可能性は充分にある、・・・はずだ。甘いか。まぁ、希望的観測で。

と書いていたら、栃ノ心が休場とのこと。御嶽海と競うのは遠藤か、やはり豪栄道に高安か。豪栄道も高安も、雑な相撲で負けたけど、弱い負け方ではなかったし。

しかし混戦になれば、言葉が悪くて申し訳ないが、レベルが低い優勝争いになってしまう。それでも混戦の方が面白いか。やはり今場所の興味は、一番は貴源治ということにしよう。

大相撲力士名鑑 : 貴源治




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA