白鵬

さぁ平成最後の千秋楽、興味は 白鵬 から 明生、 狼雅 VS 照ノ富士 まで





大相撲、平成最後の場所も明日が千秋楽。この節目となった場所は、極めて簡略に語れば、平成の時代を作った横綱・大関陣の圧勝という形になった。逸ノ城の大逆転の目はあるが。

14日目の土俵、印象に残った相撲は、白鵬に合わせようとせず、苛立たせようとした高安。これは意識的か無意識か、最初は意識的じゃなかったのが成り行きで意識的になったような。しかし完敗だった。

そして鶴竜に張り差しの豪栄道、張ったときには結構な音がした。これから豪栄道が優位に立つような、そんな勝ち方にも見えた。千秋楽の高安戦もこれまでは分が悪いが、何かを期待させる。

貴景勝の大関獲りは、千秋楽が勝負となった。逸ノ城戦は警戒し過ぎとか、消極的とか、そういう見方もあるだろうが、私はむしろ逆に逸ノ城を甘く見ていたと感じる。もろ手突きからの展開でも、何とか持っていけると。

しかし栃ノ心が7勝7敗で、大関入れ替え戦的な取組は初めてだ。ケガをしているだけに、栃ノ心に勝ってもらいたい。貴景勝には、まだチャンスはあるし。

竜電が二桁勝利に届くかも楽しみなのだが、何日目かに解説の錣山親方が「輝は、あんなに頭を下げなくてもいいのに」と言った翌日ぐらいから、本当に頭を下げずに豪快に寄り進み、白星を連ねた輝。実際に耳に入ったのか?

それと千秋楽の興味、明生の三賞は? 立浪親方の解説時に琴奨菊に勝ち、北の富士が立浪親方に「元大関に勝ったんだから、小遣いあげなきゃ」と言った後、「まぁ三賞ももらうだろうけど」みたいなことを言っていた。

アナウンサーは微妙な対応だった、今場所は二桁勝利が多いし。明生の相撲は技能賞に相応しいと思うが、近年は勝ち数を重視する傾向もあるし。敢闘賞は勝ち数はポイントになるけど、昔は技能賞と勝ち数は関連薄かったような。さて、明生の三賞は如何に。

もちろん逸ノ城の相撲にも注目だが、むしろ来場所に注目しようと思っている人の方が多いだろう。本当に大関候補と期待して良いのかと。そして実は一番の興味は、狼雅VS照ノ富士の序二段優勝決定戦だったりして。

大相撲力士名鑑




2件のコメント

  1. 狼雅VS照ノ富士、そりゃ元大関のほうが強いと思うが、初土俵から14連勝の大物ルーキーがどんな相撲を取るか、楽しみだ。
    逸ノ城強い。朝乃山戦の決まり手は「上手潰し」だった。千秋楽の対戦相手の大栄翔が勝ったら、三賞受賞させてほしい。
    新入幕の友風が10勝すれば三賞らしい。入幕4場所の明生も10勝なら、と思うが、「過半数に達せず」とかいう定番のお出ましか。三賞選考委員会で四股名も出ないかも知れないが。
    碧山・琴奨菊・嘉風は「過去の実績が」云々という謎の理由で三賞受賞できないか。

    栃ノ心、貴景勝との対戦成績は1勝5敗だ。体調の良いときでも勝てない相手で、大関残留は厳しいと思うが、なんとか勝ってほしい、と思う。中日の逸ノ城戦のように、左に動いて上手を取りにいっても構わない。

  2. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    平成最後の千秋楽に相応しい、熱戦がありました。記憶に残る場所になりましたね。優勝で締めた白鵬と、大関を決めた貴景勝、表舞台に立った狼雅。結びを文字通りの大相撲にした鶴竜と、真正面から受けた栃ノ心にも感動です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA