白鵬

白鵬の日本国籍取得のニュースで、親方になった白鵬にしてほしいことは





白鵬が日本国籍を取得したというニュース。立合いの乱れが目立った先場所、白鵬も碧山戦での手つきの渋りがあった。白鵬が親方になったら、立合いの問題に踏み込む可能性はあるかも。

白鵬が手つきを渋った場面、私はヒザに手を置いていた碧山の方が気になっていた。制限時間いっぱいでのアレは、ちょっといただけないなと感じたけど。白鵬も「なんか嫌な感じ」みたいなところだったか。

よく言われている立合いの乱れは、ほぼ全部が立つ瞬間のものだ。私は立つ瞬間以外の、だから立合いの乱れではなく、仕切りの乱れの方が気になるというべきか。

仕切りの乱れで思い出すのは、たとえば朝青龍。制限時間いっぱい以外での仕切りで、まだ仕切っている朝青龍になど目もくれず、塩に戻る力士の背中をいまいましそうに睨みつけていた朝青龍。

最後の仕切りだけ目を合わせばよい、みたいな仕切りは今でも多い。最後の仕切りで蹲踞から立ち上がってから、仕切り線を足でキレイに砂を払う?仕草も気になる。私が好きな、松鳳山や遠藤もやっているしなぁ・・・。

ホントに、最後の立つ瞬間だけ合えば良い、みたいだ。それを審判委員も、行司も同じような感じだから、とは言い過ぎか。行司もね、逆に「そこで止めるか」って言いたい相撲もあるし。

それは手つき不充分ということなのだが、そこに集中しちゃって、大事なところが疎かになっていないかと。手つきについては、手をつかなければならないという根拠は無い。それで仕切りの美しさが損なわれれば、本末転倒だし。

両手をつくと重量級力士が有利になる、と話していたのは貴ノ浪の音羽山親方だった。碧山が両手をヒザに置いていたのも、体が重かったからか?親方衆も学生相撲出身が増えていくから、画期的な変化はますます難しくなる。

大相撲に、学生相撲が溶け込み始めているかもしれない。行司も影響を受けているか。だから、親方になってからの白鵬への期待は大きい。そしてもちろん、いち早く親方になる稀勢の里もね。

大相撲力士名鑑 : 白鵬




2件のコメント

  1. あの大横綱の北の湖も朝潮の仕切りがゆっくりだから、かなりイラついてたようですね。相手の性格なのか作戦なのか分かりませんが。そう言えば北の湖も仕切り線が綺麗じゃないと気が済まなかったそうで、今年亡くなった黒姫山が自身のコラムで塩か砂か忘れましたが、北の湖側の仕切り線にわざとかけたらびっくりするほど動揺したとか。

  2. 伊藤さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    北の湖ほどの大横綱だから、朝潮も作戦だったのでしょうか。あの雰囲気だし、学生相撲出身だから、考えてなかったかもしれないですね。作戦ではなくて、無自覚で、そして「最後の瞬間しか合わせないでいいんでしょ」的な仕切りが一番気になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です