貴景勝

貴景勝 は万全でなくても簡単には負けられない、そして 明生 を簡単に優勝候補に挙げる私





序盤戦が終わって、楽しみな力士に挙げていた明生・炎鵬・豊昇龍・霧馬山は元気だ。混戦になれば、初日に予想した、明生の初優勝も・・・まずは勝ち越しか。いやいや、明生と豊昇龍の立浪ダブル優勝も。

とは言え、今場所はまだ明生・炎鵬・豊昇龍・霧馬山しかコラムを書いていないので、・・・まずは貴景勝について。一つ言えるのは、先場所の最終盤から、貴景勝のリズムの相撲が見られていないことは間違いない。

あの、ボクシングで言えば、ジャブ、ジャブ、で追い込んでいく突き押しが出ない。今は目一杯、押し込んでいる。これでは、普通の押し相撲だ。優勝したとき、大関に上がったときの貴景勝の相撲ではない。

体が完全に復調していないのもあるだろう。貴景勝が入幕したころにコラムでも書いているが、貴景勝のもっとも素晴らしいところは、重量級の力士だが自分の体を、自分でほぼ完璧にコントロール出来ているところだった。

だった~、って過去形になってしまっているが。体を戻すことと、ケガの過程で、自分の意志と違うところで体重が増えてしまったとしたら、体重を落とすことも必要だろう。今はコントロール出来ていない。

7割、8割の力で、軽快に、突き押しの手を素早く戻して、二の矢三の矢を放つ。貴景勝本来の相撲を取り戻すまで、少しでも貴景勝らしさに近づいてほしい。若いのだから、一場所ごとに復調するはずだ。

場所前から予想されたことだが、上位陣はそんなに充実していない。星は上げられる。もともとの身体調整能力が図抜けている、簡単には負けない。

ムキになって、リズミカルな貴景勝オリジナルの相撲の型を崩すのが恐い。そして「ムキになるな」とは矛盾しそうだが、あとは大関の意地なのだ。

大相撲力士名鑑 : 貴景勝 明生




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です