照強

貴景勝 と 朝乃山 が場所を引っ張れるかが注目だけど、照強 と 霧馬山 がやっぱり注目かな





大相撲9月場所初日、横綱不在で両大関の相撲が注目された。今回は特に、横綱の年齢に触れた話が多い。つまりは「次の時代」、という感じでの両大関、及び関脇の活躍に注目の今場所、ということだ。

貴景勝は優勝した場所以来ぐらいの、「突き、押し」とは違う、「弾く」って言い方が正解かな。独特の間合いでの、8分目くらいの弾き方で押し込み、徐々に追い詰める。あの攻めが、久々に出た。似た攻めは、たまにあったが。これが連日出せるのか、出せたら優勝候補のトップだろうけど。

もう一人の大関、朝乃山は見事に負けた。朝乃山はドッシリの四つ相撲じゃないから、攻め続けたのは良かったと思う。「止まれば良かった」と舞の海は言っていたけれど、朝乃山は不利な体勢で止まって、それで勝てるような相撲は今まで取っていない。攻めながらの四つ相撲、北の富士的な四つ相撲で勝ってきた。

ただ・・・朝乃山は前には出ているけど、突っ張りは出来ない。言い方は悪いが、不細工な感じで前に出る。もちろん、突っ張りというのは難しい技術だけど。しかし朝乃山には必要な技術、と思う。

初日は、宝富士に充分になられても動じなかった高安、今場所は強いかも。そして、照強に霧馬山。廻しを引き付けて相撲を取る力士は、やっぱり格好良いなぁ。

照強と霧馬山には、御嶽海と正代との取組が期待だな。勝手な見方だけど、昭和的相撲が平成後期から令和の相撲に立ち向かう、ってイメージ。御嶽海も正代も否定は絶対にしないが、私は昭和的が好きだ。

正代・御嶽海・大栄翔の関脇に期待している雰囲気があるから、余計に照強と霧馬山に関脇を喰ってほしいと思う。割りが組まれるかは、知らんけどね。

大相撲力士名鑑 : 貴景勝 朝乃山 照強 霧馬山




2件のコメント

  1. 貴景勝は183キロだが、照強は114キロ、炎鵬は92キロだ。コロナ禍のせいでもないだろうが、小兵力士が更に小さくなっている。
    小兵でも照強は力強い相撲だった。「小力(こぢから)が強い」という感じではなく、全身から力が漲るようだ。
    霧馬山は同部屋の横綱鶴竜の食事指導めでたく?138キロになった。栃ノ心を正攻法で破った。番附の上下はあるだろうが、いずれ大関にはなれる力士だろう。
    両横綱が休場なので、照強も霧馬山も上位とのワリが組まれるだろう。今場所は玉鷲・妙義龍の両ベテランも元気そうで、観ているほうはうれしい。

  2. shin2さんへ
    両横綱不在ということは(霧馬山は鶴竜とは当たりませんが)、上位を喰えば大勝ちする楽しみもありますね。時代の節目だからこその、ドラマが期待できるかもです。大ノ里や幡瀬川が活躍したような。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です