霧馬山

朝乃山 はバタバタしたが序盤も終わってないし、そして今の土俵に物足りない部分を 霧馬山 に求めるのだ





朝乃山が初日から3連敗。特に3日目の相撲は、個人的な見解だが、平幕のころの朝乃山の悪い面が出た相撲だと感じた。体の大きさの割りに、体が軽いという印象、それを感じた。

なんで体が軽いと感じるのか、それはすり足になっていないから、と思う。3日目の相撲は、時計が巻き戻されたような内容だった。精神的な部分から、バタバタした相撲になっているのかもしれないが。まぁ、序盤もまだ終わっていないし、これからだ。

そして3日目一番の注目の取組、照強VS霧馬山、廻しを引き付け合っての攻防が期待された。そして心の隅で、案外そういう相撲ほど、廻しに手が掛からないで終わるかも、という気持ちもあった。

見事に、心の隅の方だった。手つき不充分を注意されたので、土俵下の怖い人が気になったのだろう。いくら気合の入った顔なら阿武咲と双璧の照強でも、あの土俵下の怖い人は怖いだろう。

それはともかく、霧馬山の今場所には期待が膨らむ。大関レースに加わってほしい力士の、今のところトップだ。成績だけでなく、相撲内容も楽しみな部分だ。どんな相撲を取ってくれるのか、と。

吊り出し、打っちゃりが減ったと言われて久しいが、久し過ぎて忘れそうになっているが。もし、今の土俵に一番現れてほしい力士は誰か、一人上げよと問われれば、答えは霧島だ。吊り出しだけなら玉の海だが、総合的には霧島だ、少しの差だが。

吊り出し、打っちゃりだけでなく、出し投げもある。最近の出し投げも、物足りない。相手を崩す出し投げは見られるが、なかなかそれで決まらない。自分よりも大きい力士を土俵に這わせる、それが出し投げの醍醐味だ。

だから、だから師匠譲りの相撲を・・・というと霧馬山は霧馬山だから、思い入れはほどほどに。それでも、今の土俵に物足りないものを、ついつい望んでしまう。それは、しょうがないでしょ。

大相撲力士名鑑 : 朝乃山 霧馬山




2件のコメント

  1. 正代を止めるのは霧馬山か妙義龍だと思っていたら、3人とも四日目敗れた。
    どの取組も勝敗の予想がつかない。朝乃山が中心となって場所を引っ張るかと思ったが、それどころではなくなった。ベタなことを書くが「白星が一番の薬」状態だ。
    毎日元気に溜席でウイニングランしている翔猿が優勝でも驚きはしないが「幕内全員優勝候補」状態はこの先ずっと続くのか。芯になって引っ張る力士がいない優勝争いは面白いけれど、観ているほうはちょっと疲れる。来場所も変わらないだろう。
    場所前に玉ノ井部屋のクラスター騒動があったが、コロナが収束すれば新しい角界が現れるのだろうか。

  2. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    「幕内全員優勝候補」、言葉を変えれば「群雄割拠」とか何んとか言いようがあるでしょうが、ワクワク感は今のところは薄いです。誰かが引っ張ってくれないと。一番は、実績のある照ノ富士に期待をしています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です