豊昇龍

豊昇龍 は 貴景勝 や 正代 がブレイクしたときのような衝撃をもたらしてくれるのかなぁ





大相撲11月場所もまだ3日目が終わったところだけど、豊昇龍が良い。とにかく四つ身が良くなった、と思う。始まったばかりだけど。今までは右下手が深く、そして左足を大きく引いていたが、今場所は正対しようとし、今のところ成功している。

胸の合わせ方、アゴの使い方も良い。組んだ相手が嫌がる、もしくは疲れる、そんな組み方。徐々に苦しくさせる四つ相撲。もちろん、上位陣に当たってからの話というのは分かっているが。

しかし、お尻の筋肉から足首の締まりなど、一番大事な下半身の強靭さは感じるな。幕内力士の中でも、一番強いそうなシルエットだ。今までの半身っぽかった相撲から、正対できる相撲に変わってきて、さてどうなるか。

貴景勝が、独特のリズムと間合いの突き押しを見せ始めたとき。正代が、アゴを上げても相手を圧倒する立合いを見せ始めたとき。それはそれは、衝撃的なものだった。豊昇龍が15日間、今の相撲を見せ続ければ、それは衝撃的だろう。

貴景勝も正代も、その衝撃の瞬間からノンストップで大関まで駆け上がったのだから、豊昇龍にはまだ早計というものだろうな。まずは上位総当たりの位置まで、そこからだ。

優勝争いは、貴景勝と正代を中心に回ってくれるのか? 貴景勝はある程度は行けそうな感じ、綱とりの足掛かりになるような展開になったら面白い。一年納めに相応しい。

太刀山や栃木山は話に聞くだけ。曙は四つでも取ったし、突き押しだけなら横綱にはなってはいないと思う。太刀山はイメージとしては曙に近い。長いリーチでの突っ張りだ。押しの相撲とは思えない。突き相撲だ・・・と思う。

栃木山は右はず左おっつけ、完全な押し相撲。突っ張りは無かった・・・と思う。だから、貴景勝の突き押し相撲は、本格的な突き押し相撲として完成されたものと言える。言える?

正代は相変わらず、土俵際に強い。土俵際の魔術師は二番煎じだし、つま先立ちで残すから、土俵際のバレリーナはどうだろうか。どうだろうかって、共感を得ようとしてどうする。

大相撲力士名鑑 : 豊昇龍 貴景勝 正代




2件のコメント

  1. 豊昇龍はデカい相手でも炎鵬が相手でも慌てない。三日目は小手投げで炎鵬を一回転半させた。投げは左からも右からもイケる。足技は強引でケガしそうだったが、技術が洗練されてきた。洗練とか関係なしに動き回る3連勝の千代の国との対戦が楽しみだ。
    貴景勝の高校時代のライバル・元林改め欧勝竜は三日目塚原を右四つに組んで(自ら組みにいったわけではないだろうが)勝った。四つで相撲が取れることを知って驚いたが、貴景勝は相手に上手を取られても組みにはいかない。押しの大関に大受がいたが、大受は突っ張りはなかった。千代大海も左四つで取れた。貴景勝は現在の「愛想無し電車道相撲」を完成させてほしい。
    正代は……とにかく負けないが、十五日間この調子なのだろうか。

  2. shin2さんへ
    豊昇龍は4日目に土。正代も土で、5日目から休場。正代のケガは残念です。豊昇龍については、5日目の相撲を見てから、記事をアップする予定です。横綱不在のうえ、貴景勝は一人大関。大変です。しかしテレビで見ている私は、優勝争いが混とんとして面白味もあるのですが、お金を払って見に行く人たちは、これだけの横綱・大関の休場はきついですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です