白鵬

白鵬 の逆襲なるか? 稀勢の里 の土俵入りにも注目です





白鵬の逆襲は如何に?の春場所です。白鵬時代の前半に白鵬・朝青龍並立時代があったように、白鵬時代の後半は白鵬・稀勢の里並立時代となるのでしょうか?

初場所の千秋楽、白鵬は立合いから一気に攻め込みました。稀勢の里との差し手争いを嫌って、初めから左四つでよしとする立合いのように見えました。

とにかく速く攻めたい、そのためには差し手争いは得策ではないという判断と思われます。稀勢の里とじっくり相撲を取りたくない、という感じの速攻でした。

そこには、白鵬の自信のなさが垣間見えました。「今場所の稀勢の里とは、普通に相撲を取ってはいけない」と。もちろん、そう見えただけですので、あくまで私の主観ということでご容赦を・・・。

しかし、たぶん今場所の白鵬は違うでしょう。先場所の相撲も「圧倒的に勝負をつけて、格の違いを見せつけたかった」ための速攻だったと、気持ちを切りかえていることでしょう。

対する稀勢の里、当然ですが、初場所の相撲を春場所も取り切れるかどうかですね。腰を割った立合い、相手を起こしてからの攻め、どちらも精神面が関わってくることです。

落ち着いた立合い、そして左を差したからといって攻め急がない、この2点が重要です。よく横綱や大関に昇進した力士が、その地位を意識し過ぎたあまりに相撲が小さくなり、昇進前の勢いを無くしてしまうということがあります。

ならば稀勢の里は、むしろ横綱を意識して横綱相撲を取ろうという意識を持つぐらいで、ちょうど良いかもしれませんね。攻め急がない、これに尽きます。

精神面の部分と勝負を結びつけるのは好きではないのですが、今場所については気持ちの部分が大きいかもしれません。

その辺を考えると、稀勢の里の横綱土俵入りが落ち着いているかを注目してみたいですね。一つ一つの所作の間が取れているか、表情はどうか、などなど、気になります。どっしりとした、稀勢の里らしい重厚な土俵入りを期待ですね。





力士名鑑 : 白鵬

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA