玉の海

がっぷり四つの美しさ、 玉の海 と ボクサー大場政夫 がいた時代、そして二人は神話になった

入門当時の玉の海は176cm・73kg、写真は序二段優勝時のものですが、隣の序ノ口優勝の「怪童」義ノ花と比較すると分かりやすいですね。この時でも体重は、80kg前後でしょう。

玉の海

玉の海は入幕してからも、まだ100kgに満たない体でした。それでも四つ身になって相手に胸を合わせにいく、歯切れの良い、颯爽とした相撲をとりました。写真は幕内での、北の富士との初対戦です。

北の富士の得意の左四つ、下手を引いて右は北の富士の差し手を抱えて、玉の海は下手廻し一本で北の富士を目よりも高く吊り上げています。上手を引いていない、つまり「腰で吊る」吊り出しを、すでに入幕してすぐのころから出来ていたのです。

玉の海 北の富士

玉錦の個性伸長主義の衣鉢を継ぐ片男波親方に、のびのびと育てられた玉の海。ぶちかます立合いや頭をつける相撲などは一切ありません。ただただ、がっぷり四つを望みました。

当時、玉の海と同い年で若見山という力士がいました。玉の海同様に若くして期待された力士ですが、相撲は右四つ、体重は180kg近くありました。この若見山と、がっぷりにわたり合い、水入りの大相撲をとったことがありました。

評論家もあきれる相撲でしたが、玉の海は疲れてしまった若見山を寄り切って勝ちます。玉の海は肩幅が広く、重心が低く、足腰が柔らかく強靭なため、双葉山の再来と呼ばれる本格派の四つ相撲をとりました。

それだけでなく、軽量だった若い頃から何度も何度も、がっぷり四つで大きな力士に挑んだことで、玉の海の四つ相撲は完成した(正確には、完成一歩手前というべきですが)と思います。

アゴの使い方や胸の合わせ方の巧さで、抜群の四つ具合。対戦相手は北の富士、ここから廻しを引いて、吊り気味に寄り切りました。(昭和43年5月)

玉の海 北の富士 がっぷり四つ

下手は深く上手は浅くという言葉がありますが、玉の海は「脇ミツ」を引きました。そして一枚廻しでも問題にしませんでした。腕力で引き付けるのではなく、腰で相撲をとっていたからです。左四つのときは、逆足になることが多い玉の海でした。

これは北の富士と横綱同時昇進を決めた場所の本割、玉の海が吊り出しで北の富士を破りました。脇ミツを引いて、アゴを相手の肩に埋めた、美しい四つ身です。(昭和45年1月)

玉の海 北の富士 横綱昇進

昭和46年初場所、大鵬に本割・決定戦に敗れて逆転優勝を許し、「何の、これしき」と語った玉の海。その日の深夜、神宮外苑を走る玉の海が貴ノ花に目撃されていました。ちなみに普段着のジャージ、稽古にランニングを取り入れたのも玉の海と言われています。

玉の海 ジャージ

そして翌場所、大鵬に雪辱を果たします。天下一品と謳われた、がっぷりの右四つです。玉の海は身長177㎝、対する大鵬は187㎝。右四つで右足を前に出す四つで、それでも大鵬に上手を与えない、玉の海の胸の合わせ方の妙です。このあと真っ向から、寄り切りました。(昭和46年3月)

玉の海 大鵬

玉の海と大場政夫は、まさに同時代の王者でした。昭和45年春場所に新横綱として登場した玉の海。大場政夫は昭和45年10月22日に世界フライ級タイトルを獲得。ある時代の、二人は象徴的なスターでした。大場政夫も、美しい連打と美しいKOシーンを私たちに見せてくれました。

玉の海 大場政夫

二人の王者は、貧しさの中で育ったことと、親のために家を建てるのが目標という二点で共通していました。それは戦後の日本が高度経済成長で貧しさから脱出し、成功する物語そのものでした。

玉の海の死を知らせたNHKの7時のニュースと、大場政夫の死が載っていた朝刊の記事。それを見た時の記憶は、いまだにストップモーションになって残っています。

高度経済成長期の日本がそのピークを過ぎようとしていた時、二人の王者は相次いで突然、消えていなくなってしまいます。美しい相撲をとった玉の海と、美しいボクシングを見せた大場政夫。そして二人の物語は・・・神話になりました。

大相撲力士名鑑 : 玉の海 横綱物語