王鵬

相撲の型が決まってきた 王鵬 と、 貴景勝 VS 豊昇龍 のヒール対決がカギを握る





大相撲9月場所も序盤戦が終わって、王鵬が強い。左のハズ押しと右おっつけが決まっている。今までは、突っ張る場所の次は四つの場所。さらに突っ張って、その次は四つ、っていうのは極端かもしれないけど、でもそんな感じ。それぐらい迷っているように見えていた王鵬。

正直言って、突っ張りも下手で、四つ相撲もモノにならずという感じだったけれど、今場所は見事にはまっている。左ハズと右おっつけの押し相撲と、そして王鵬自身の地力が付いてきた時期が、これまた見事にはまったのだろう。

やはり相撲の型が決まるということは大事だ、という王鵬の序盤戦だ。今までは大関候補という意識で見たことが無かったけれど、面白い存在になるかも。北青鵬と熱海富士が大関レースに名乗りを上げるのは確定的だけど、王鵬も加わる可能性充分の、ここまでの相撲内容だ。

そしてその王鵬と同学年、場所前のブログでそろそろ11勝してくれって書いた豊昇龍、序盤戦を4勝1敗で、期待はふくらむ。これまでは若隆景と霧馬山とライバル的な感じでのブログ記事を多く書いてきたけれど、年齢を考えると、豊昇龍が一気に駆け抜けてもおかしくない、はずだ。

逸ノ城や霧馬山には立合いに少し動いて勝ったけれど、細かいことは置いといて、とにかく11勝だな。照ノ富士に一度も勝てていないので、今場所こそ初勝利を期待したいところだ。それと、貴景勝が今場所は調子が良さそうだ。大関への足掛かりへ、貴景勝戦も大きな関門だ。

相撲の型は王鵬とは違い、ナチュラル派の豊昇龍。ただ、かなり攻撃的になっている。立合いに動いたと言っても、ある意味で攻撃的な変化だ。だから取口は、朝青龍に似てきたかな。雰囲気も似てきたかな、ヒールっぽい雰囲気が。

そう言えば、貴景勝も最近は張り手バリバリで、今やヒール的存在だ。貴景勝VS豊昇龍という今場所のカギを握る一番は、まさかのヒール対決と言うわけだ。アンドレVSハンセンみたいな、違うか。

大相撲力士名鑑 : 王鵬 豊昇龍




砂かぶりの夜

4件のコメント

  1. 貴景勝の張り手は私にはどう見ても品がないように感じます。あれはいくらなんでも琴ノ若がかわいそすぎる。琴ノ若にはこの悔しい思いを糧として大関横綱に駆け上がり貴景勝を見返してほしいと思います。

  2. 今場所絶好調の玉鷲の後継者が王鵬のような気がする。祖父が大鵬でも左四つの相撲を取る必要はない。いろいろ迷走してたどり着いた現在の相撲が正解か。もう少しパワーがあれば、と思う。
    貴景勝の琴ノ若戦の張り手は物議を醸したが、埼玉栄高の1年違いの先輩後輩で、なにか遺恨でもあるのかと思うぐらい毎場所荒れた展開になる。豊昇龍はやはり琴ノ若戦で左足で櫓投げ気味に琴ノ若を浮かせて勝った。
    ヒールがいないと土俵に緊張感が薄れる。どちらも少々炎上しようが気にしないタイプだ。今場所の豊昇龍は新関脇だから、貴景勝戦は終盤になるか。優勝争いに残っていてほしい。

  3. johnnyさんへ
    コメント、ありがとうございます。
    確かに貴景勝の張り手は品が無いですね。それに、何か変な感情がこもっているような張り手とも感じます。感情的に見えるというのは、相撲を見る側にとっても気持ちの良いものではありませんね。しかし琴ノ若ならば、張り手を逆手に取った取口で勝って見せることが出来ると思います。

  4. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    王鵬のここ2日の連敗を見ると、下半身の力が不足しているように見えます。相撲の型は出来上がりつつあるようですが、体はまだまだ発展途上ですね。貴景勝と琴ノ若は、何かあったんでしょうね。ところで明日の貴景勝VS高安も、高安の張り差しに対して貴景勝が感情をあらわにするということがありました。明日も荒れるでしょうか。豊昇龍については、今からブログで書きます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA