遠藤 清水川

遠藤 の負け越しても自分の相撲をつらぬく姿に、そろそろ「清水川」の予感





稀勢の里の新横綱場所となる春場所ですが、若い力の躍進が楽しみな場所でもあります。そんな中で、二場所連続負け越し中の遠藤が気になります。

気になるといっても、そろそろ復活するのでは、という意味で・・・。実際のところ、負け越しとはいえ、印象としては悪い感じがしません。

それは勝っているときの相撲が、良い内容だからではないかと思います。遠藤はケガをしてからも、相撲の内容が変わった部分がほぼありません。

負けても、愚直なまでに自分の相撲を取っています。相撲の形は最初に遠藤を見た時と同様に、左四つの良い型を見せています。

遠藤の一番の持ち味は、下半身で廻しを引き付けられる四つ身です。力士の重量化により、かいな力で廻しを引き付ける四つ身が多い中、遠藤の四つは一味違います。

負け越していても自分の相撲に徹しているので、勝ったときの勝ち方が記憶に残っていますし、負けたときも「惜しかったな」というイメージがあります。勝ちたいがために相撲を変える、ということがありません。

これは大切なことだと思います。自分の体の状態にかかわらず自分の相撲を取りきることが、状態が良くなったときに生きてくるはずです。

この春場所あたり、結果を出しそうな予感を勝手にしています。ケガをする直前でしたか・・・、あの旭天鵬を宙に舞わすがごとく投げきった相撲は、まだ目に焼き付いています。

そろそろ「清水川」と呼ぶ、呼出しの声を聴きたいと思う、今日この頃です。




力士名鑑 : 遠藤

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA