若隆景

緊迫感の 若隆景 、解放感の 正代 、真綿で包む 琴ノ若





大相撲3月場所も千秋楽を残すのみとなったけど、今場所は見応えのある相撲が多い。優勝争いも盛り上がっているし、新鮮な顔ぶれで争っているし、こういう新時代の息吹を感じさせる場所は面白い。記憶にも鮮明に残る、と思う。最近、記憶力があやしいけど。

正代VS高安、これは正代の今場所の勝ち越しへの決め手となる伝家の宝刀、すくい投げがお見事だった。若隆景のおっつけが右からでも左からでも威力があって凄いって話だけど、正代のすくい投げも右からでも左からでも強烈なのだ。思い切りの良さもあるし。

一番正代らしい勝ち方で、角番を脱出した。正代らしい、解放感のある勝ち方だった。豪快に右へ左へと振るすくい投げは、角番という意識さえも忘れさせるほどだったのではないか。

あの、パン食い競争的立合いと相まっての解放感。正代の立合いとすくい投げは、やはりセット商品だな。あ、あの風貌とコメントともセットだ。中盤戦からすくい投げが出始めて、正代の角番脱出は濃厚だと思ったけど、勝って良かった。

そして若隆景VS貴景勝も良い相撲だった。押し切れるのか、廻しを引けるのか、その一瞬が勝負の分かれ目となる取組。かつての千代の富士VS小錦のような、緊迫感のある相撲だ。

貴景勝が一気に押し込んだ場面、引きを見せた場面、そして若隆景が廻しを引いた場面。どの場面も大相撲の醍醐味にあふれた、美しい場面だった。緊迫感のある美しさだった。

それにしても、廻しを引いたときの若隆景の腰の構えの素晴らしさ。前々回にも書いたが、きちんと上半身と下半身の動きが連動した、腰の重心から廻しを引いている感覚だ。う~~ん、ちょっと言葉の表現が変で分かりにくいな。端的に言えば、千代の富士や貴乃花のような、超一級品の四つ身に近い。

琴ノ若VS御嶽海は、あの微妙な客席の反応が印象に残った一番となった。15日間を見据えた、負けるときの御嶽海の淡白さは誰もが認識してるけど、琴ノ若に対しても「これもか!」って、観客のほとんどが思っただろう。琴ノ若の強さも巧さも、好勝負にならなかったから伝わってこなかったし。

若隆景と高安に絡んだ取組が白熱した展開の相撲が多い今場所で、琴ノ若の強さも巧さも伝わりづらい。何と言うか、真綿で包まれたように土俵を割る相手力士、って感じだ。確か、それは照国だったな。千秋楽は、これからライバルとなるであろう豊昇龍だ。真綿で包めるか。

大相撲力士名鑑 : 正代 若隆景 琴ノ若




砂かぶりの夜

4件のコメント

  1. 貴景勝vs若隆景は、まさに小錦vs千代の富士のようでしたね。貴景勝の立ち合いの威力が凄い!
    それにしても若隆景の上体と下半身の連動は素晴らしいです。他と違う…それは見てて分かりますよね。
    高安は緊張してるのでしょうか?このままで終わるのはダメです。今日は優勝決定戦を見たいので!
    御嶽海はホント負ける時が淡白過ぎ。あれは怪我したくないから諦めて脱力してるんですかね?寄りを必死に堪えた貴景勝と大違いなので…。

  2. 正代は初日と千秋楽で別人になった。ケガをして全く動けなくなって別人になる力士は毎場所何人かいるが、良いほうに別人になるのは珍しい。今場所の優勝決定戦の両力士に勝ったのは正代だけだ。白星配給係がジョーカーになった。
    高安は十三日目終了時には「十四日目にも優勝が決まる」単独トップだった。それが十四日目、千秋楽の本割・決定戦と3連敗で賜杯を逃した。今後、優勝のチャンスがあるだろうか。もう実力とは違う部分で勝利の女神に見放されているよう気がするが、くじけずに優勝を目指してほしい。
    豊昇龍は右下手投げの連発で琴ノ若の左上手を切って、下手出し投げで仕留めて勝ち越した。上手い相撲だが、やはり右からの投げになる。「豊昇龍、右四つか左四つか」問題は来場所以降に持ち越しか。

  3. ぽんさんへ
    コメント、ありがとうございます。
    若隆景の今場所の相撲内容には、これからの大相撲を盛り上げるに充分な期待感がありますね。高安は、阿炎戦は緊張でしょうね。上体に力が入って、下半身が軽くなっていたように見えました。まだまだ、チャンスはあります。そして御嶽海は、御嶽海の考え方なのでしょうね。これは致し方なしです。

  4. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    正代の取口自体がおおらかというか、吹っ切れたものですし、精神面が吹っ切れたときに、そのパワーは倍増するのでしょうか。高安は優勝にも大関にも、もう一度チャレンジできると思います。そして豊昇龍は、目標とする叔父さんの左四つの相撲をもっと見て、参考にしたらいいんじゃないでしょうか、と個人的には思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。