貴景勝 は今一番「廉恥」の佇まいがある、一番力士らしい力士だから、時代を動かしてくれ





貴闘力のYouTubeに、タイガーマスクの佐山サトルがゲスト出演した回があった。印象に残った佐山の話は、大相撲は「廉恥の文化」だというものだった。多くのスポーツに、ガッツポーズってのが有る。大相撲には、基本的に無い。

以前に、やはりYouTubeで高校相撲か何かで、貴景勝が優勝した場面を見たことがある。思いっきりの、感情爆発のガッツポーズ。この前の九州場所の、優勝決定のときの表情とは打って変わっていた。九州場所の優勝決定の場面は、「廉恥」を体現した表情だったと思う。

5年かそこらで人間、これほど変わるものかと。貴乃花親方の教育も有ったか・・・。今、一番力士らしい力士が貴景勝であることは間違いない。その貴景勝の綱とりが初場所だ。

綱とりの大関がいる場所で「注意」を受けた横綱も登場する、これまでに多分見たことない場所になる。食うか食われるかって感じ、世代交代の雰囲気だが、貴景勝が鶴竜に負ければ、一気に遠のく。

大相撲史上初の「本格的」突き押し相撲の横綱が実現するか、などというワクワク感を持っているのだが、千代大海が長いこと大関に在位していたものだから少しばかりの勘違いがある。実は突き押し相撲の横綱がどうのこうの以前に、突き押しの大関の在位期間は短かった。

貴景勝の、そのまた次の世代の方が、長い時代を作るかもしれない。もしそうだとしても、長い長い白鵬の時代を終わらせたとしたら、貴景勝の時代は、短くとも濃密な時代だったと歴史に刻まれる。

その濃密な時代の入り口が、令和3年の初場所になるのか。観客席は「密」じゃいけないだろうから、土俵上だけは「濃密」になることを期待。これは言ってはいけないことだけど、「白鵬が本格的に弱くなってから世代交代してのなぁ・・・」

大相撲力士名鑑 : 貴景勝




2件のコメント

  1. >>思いっきりの、感情爆発のガッツポーズ。
    この一番ですね。2011/08/21 相撲 全中 姫路 個人74 決勝戦 佐藤貴信(兵庫県)-打越奎也(青森県)
    >>https://www.youtube.com/watch?v=_VHaXRPVh2c
    佐藤(貴景勝)が打越(阿武咲)を左四つから下手投げで破った。貴景勝が自分から差しに行って廻しを取る相撲は貴重だ。今後こういう相撲を観ることがあるだろうか。
    千代大海も晩年は左四つで取ることが多かったと記憶する。だから大関10年以上在位できたのだろうが、貴景勝はずっと突き押し一本で勝負するのだろうか。
    大鵬も北の湖も引退前の3年ぐらいは休場のほうが多かった。白鵬は誰に第一人者のバトンを渡して力士生活を終えるのか。案外初日・二日目連敗であっさり引退しそうな気がするが、貴景勝戦(できれば琴勝峰戦も)観ておきたい。

  2. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    貴景勝の四つ相撲は攻めながらの型でないと、五分の四つ相撲ならば、同格の相手には今のところ厳しいでしょうね。ヒザにも不安がありますし。今の相撲で、まずはどこまで行けるか、ですね。白鵬との対戦は、貴景勝と琴勝峰は見ものですが、私は豊昇龍に間に合ってほしいですね。ドラマを見たいと思います。

shin2 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です