宇良 の間合いと 貴景勝 の間合いの勝負だけど、これは面白そうだ





貴景勝が厳しい。初日の貴景勝は、貴景勝の間合いが取れてなくて負けたって書いたが、中日の玉鷲戦は貴景勝の間合いで負けた。これは本当に厳しい。

貴景勝の間合いだったとはいえ、いつもの貴景勝と同じではなかった。あの流れでの貴景勝は、突き押しの威力よりも、突き押しの引き手の速さが出色だった。威力ではなく、速さで貴景勝のペースに相手を引き込んでいた。

それでも勝つ流れだった、と思う。流れを決めたのは、玉鷲がいなしたときだったかな。貴景勝は、すぐ向き直っていたら、まだ貴景勝の間合いだったはず。無理に左で一押ししたところを、玉鷲に巧くあてがわれた。あの辺は、気の焦りもあるのか。

話は変わるが、宇良の立合いは良い。仕切り線から、かなり下がっているのが良い。実は、昭和の力士は離れて仕切ってたんだけど。今が近い、本当に。近い近い・・・。

だから、重量級力士は一歩で当たれないから、当たりの威力が減っている。だから宇良は、重量級力士には強い。嫌がられている、と思う。中量級には、それほどでもない、かもしれない。

宇良の真似をすれば、重量級の力士は二歩目も前傾を保たなければならないから、キツイ。軽量の力士にはチャンスが増える、はずだ。それを続ければ、やがて重量級力士が減量するかもしれない。

ちなみに宇良がケガをした貴景勝戦、貴景勝は尋常じゃないぐらい前で仕切っていた。手付きは、仕切り線を越えているのはもちろん、足さえも仕切り線を超えそうなぐらいだった。手付きの角度も変だった。

それで、一歩の立合いで当たれていたわけだが、あれは宇良がもう一歩下がってれば良かっただろう。そこまで宇良が意識すれば、貴景勝も簡単には勝てなくなるだろう。大関と十両力士を比べるのもアレだが、何と言うか、不思議でも何ともない。言い過ぎか?

大相撲力士名鑑 : 貴景勝 宇良




2件のコメント

  1. 宇良vs貴景勝の対戦成績は宇良の1勝7敗、貴景勝は宇良の最大の天敵だ。
    貴景勝の小刻みな突っ張りで宇良の間合いを潰していく。あの太く短い足も宇良は取れない。
    最後の対戦から4年近く経つので、両力士とも体が大きくなった。現在だとどうなるか。
    宇良の九日目の相手は全勝の剣翔、小さい相手には強い力士で、宇良戦4勝1敗だ。この力士も足は太くて取りにくい。間合いを潰すのも上手い。十一月場所は宇良が勝っているので、対戦成績ほど苦手ではないだろう。面白い一番になりそうだ。

  2. shin2さんへ
    コメントありがとうございます。
    宇良VS剣翔は、剣翔の圧勝でしたね。剣翔は個性的な体型をしていますが、万全じゃなくても頑張って出場していた印象のある力士です。万全ならば、十両ではこれだけ強い、ということでしょう。宇良も少し淡白でしたか。そして貴景勝は今日から休場です。まったくダメという感じじゃなかったので、残念です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です