必死な 白鵬 と、減量した 貴景勝 と 御嶽海 、大関とりの 照ノ富士





3月場所が始まった。場所前に減量していた二人、貴景勝と御嶽海の動きの良さが目立った。まだ初日だけど、かなり期待できそうな感じだ。特に御嶽海は、やっと大関っぽい相撲が取れていけそうな予感。

そして大関とりの照ノ富士、もう照ノ富士の代名詞的になっている、落ち着いた取口は今場所も順調に来ている。一つ気になったのは、決まり手となった下手投げ。決まったと分かったところで、照ノ富士は体を開かないで下手投げを打っている。あれは、ヒザに圧が掛かると思うけど。

もちろん、決まったら北勝富士の体の圧力は抜けていくが、あの状態で粘られたら照ノ富士のヒザに負担が掛かると思うけど・・・決まらなかったら違う動きをしていただろう。まぁ、大事に取っていくだろうから、10勝は期待できそうだ。

そして一番の注目、白鵬VS大栄翔。やはりやりましたね、張り差し。それも右で張って左を差すという、若干のイレギュラーな張り差し。右四つで組み止めるという、そういう展開とは真逆の相撲となった。

白鵬の勝ちたいという思いが、リアルに感じられる相撲だった。ただ、取りこぼす可能性も多いだろう、速攻中心で行くなら。がっちりとした、受け止める相撲が難しければ、特に貴景勝や御嶽海にはチャンスは出てくる、と思う。

久々に故障者がいない、上位陣全員元気での、千秋楽までの優勝争いが見たい今場所だ。高レベルでの総当たり戦的な、そんな展開を期待できそうだ。

大相撲力士名鑑 : 白鵬 照ノ富士 貴景勝 御嶽海





砂かぶりの夜

2件のコメント

  1. >>それも右で張って左を差すという、若干のイレギュラーな張り差し。
    先場所の覇者の大栄翔は突き押し得意の力士だ。組んでしまえば白鵬の楽勝だろうが、ムキになって勝ちに行った。まだ角界の第一人者の地位は譲るつもりはないようだ。
    照ノ富士戦、朝乃山戦、御嶽海戦はどんな相撲になるか。後半の対戦になりそうだが、それまでに不覚を取ることがあるか。

  2. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    白鵬が速攻を選んだということは、勝ちにはこだわっているが、受け止めて勝つほどの余裕はないということでしょうか?照ノ富士・正代・朝乃山・貴景勝・御嶽海といったところとの対戦まで、出来れば全員が優勝争いに絡むぐらいの状態で、高レベルの優勝争いを見たいですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です