遠藤 が優勝争いを盛り上げるのか、そして 翔猿 !飛沫が飛ぶでしょ!





照ノ富士が全勝を守っている。連敗中だった高安戦、早い勝負が出来るかどうか、高安の重さを感じない展開で相撲が取れるかどうか、がテーマだったと思う。止まったら、高安は重い。早い勝負をするために、かなり無理な攻めもあったけど、前に落ちずに粘ることが出来た。

そして今日の霧馬山戦、立合いに体が傾くほどの体勢で左の廻しを引いて、うるさい霧馬山を捕まえた。それからが今場所の得意の展開。出し投げで振りながらの寄り身。多用している小手で振るのと原理は同じ、土俵の狭い方へ振っていく、ポジショニングの巧さ。

投げで決めようとしたり、強引に寄っていったりは、本当に少ない。完全に有利な体勢のときのみだ。ヒザの調子を考えながらの取口だろうが、まったく危なげない。

その危なげない照ノ富士の対抗馬に推した遠藤、2敗を守っている。優勝争いのためには、1差で直接対決といきたいが、1差になるのも厳しいし、割りが組まれるかも分からない。相撲内容では近年で一番だ。もちろん、対戦相手は平幕相手だけど。それでも、強い勝ち方には違いない。

強い勝ち方と言えば、照ノ富士には負けたけど高安、正代には強い勝ち方をした。高安には以前から右四つ推しの私。高安とイメージをダブらせる武蔵丸が、左四つから右四つに変わって横綱になった、そのときの武蔵丸と今の高安は本当に良く似ている。しかし実際の映像で比較したら、違うかもしれない。責任は持てない、ごめんなさい。

そして貴景勝もライバル阿武咲戦で、今場所でもっとも「貴景勝の間合い」の相撲を取って勝った。明日の高安戦は面白そうだ。照ノ富士VS妙義龍、遠藤VS千代大龍の割りも渋いな。

ここで苦言。翔猿もいい加減で、土俵下に落ちたら受け身を取らないと。ぶつかり稽古はやっているのか?お客さんの間を走っているけど、危ない思いをさせているのはプロ失格だ。避け方を間違えるお客さんも、きっといる。本当にケガをさせたら大変だ。土俵下では転がらなきゃ。

満員になったら転がる?それじゃ、アマチュア力士だ。負けが込んでいて、こう言うのは気が引けるが、それでも言おう。お客さんの間を走ったら、飛沫も飛ぶでしょ、翔猿!

大相撲力士名鑑 : 照ノ富士 遠藤 高安




砂かぶりの夜

4件のコメント

  1. 翔猿は場外乱闘が多い。まさかと思うが、ファンサービスのつもりか?きょうびプロレスでも観客席に乱入することはない。審判部から注意したほうが良い。
    審判部といえば、審判部長が照ノ富士の師匠の伊勢ケ濱親方で、照ノ富士の終盤の大関戦の前の平幕戦が霧馬山とか妙義龍とか、あまり好調でない力士を当てる。ここは遠藤か逸ノ城だと思うが、妙に頑なだ。
    高安は右四つのほうが安定しているのではないか。敗れたが、照ノ富士戦も両差しや右四つで攻撃して苦しめた。兄弟子の稀勢の里(荒磯親方)がゴリゴリの左四つなので、自然と左四つになったのだろうが、31歳だが、まだ相撲を変えることは可能だ。

  2. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    妙義龍戦は、まさかの照ノ富士の反則負け。今場所は投げで崩しての寄り切りが多かったわけですが、皮肉にも投げで決めようとしての反則負け。やはり、同じパターンで通すべきでしたか。結果論ですが。いよいよ、遠藤の出番です。たまには、私の予想も当たってほしいものです。

  3. 朝乃山は解雇処分になるようですね、残念です。日本人横綱が誕生しないのもこの辺にあるのでしょうかね。自ら厳しい世界に身を置いているのですから考えて行動してほしかったですね。

  4. かぐら平蔵さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    解雇処分となれば、残念ですね。相撲は日常の生活から考えていかなければならない、と語った横綱もいました。土俵の外でも、稽古なのかもしれませんね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です