貴源治

大相撲も初日だけど 貴源治 の話、4年前は横綱候補と書いたけど、力士では 丹治 だ





明日から大相撲9月場所だ。久々にブログを書くのだけど、書きたいことが見つからずに、久々になっている。北青鵬が十両で通用するのか、白鵬VS照ノ富士と白鵬VS豊昇龍の結果や如何に、の9月場所のメインテーマが無くなっちゃって。

そうなると照ノ富士と豊昇龍、特に豊昇龍には優勝争いに絡むような期待を抱くのだけど、毎場所毎場所で豊昇龍ばかりで似たようなことを書くのも面白くない。明生と霧馬山の活躍と若隆景の巻き返しも楽しみだけど、この三力士もやはりここ数場所書き続けている。他は宇良ぐらい。

新しく注目する力士を見つけなきゃと思っていたら、貴闘力のYouTubeに貴源治が出ていた。元貴源治か。このブログを始めたころは、貴源治のコラムがやたらと多かった。次期横綱候補、という感じで書いていた。

横綱候補と書きながらも、「若いのに、体がちょっと締まってないなぁ」という危惧はあった。しかし相撲はスケールの大きなものだったし、近年の若者の体質とか食生活とかで、体型は稽古充分でもこんなものかなぁ、などと思ったりもした。

稽古が充分だったかどうかは判断できないが、大麻に手を出したのは「気持ちの弱さ」が原因だった、と判断できそうだ。だいたいが大麻なんて、そんなものだ。稽古はキツイから、何か楽がしたい、楽になるもの、楽しくなるもの、そんな感じだったかな。

一度は横綱候補に上げた者として、やはり格闘技で再起してほしい気持ちがある。そして努力して努力して、体も引き締めて頑張ってほしい。強くなればいいってもんじゃないが、努力をし続ける人間は、悪さをする暇がない。これからの長い人生、信頼を回復するには、それしか無い。

場所の初日前日なのに、場所で期待の力士の話じゃなかったけど、それは初日の土俵を見てからにして、特に上げるとしたら、丹治が自己最高の三段目の51枚目。上昇気流に乗ってほしいね。

大相撲力士名鑑 : 貴源治 丹治




砂かぶりの夜

2件のコメント

  1. 白鵬はこの一年、名古屋場所の全勝優勝以外は、三月場所に初日と二日目に土俵に上がった以外全部休場なのに、存在感は毎場所皆勤している力士を遥かに上回る。
    >>まさかのコロナ禍で出場かなわず。「アテとフンドシは向こうから外れる」とは、よく言ったものだ。
    >>https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/294606/2
    白鵬の記事、というか悪口が書けなくなった日刊ゲンダイこそアテが外れた。

    >>鎌苅氏(貴闘力)は元貴源治の退職金が出なかったことに触れ「ちょっと、ひどいんじゃないか。
    >>やさしい気持ちも協会には必要だよ。それはオレは頭にきている」と相撲協会に対して苦言。
    >>https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/sumou/3621136/
    大麻吸って解雇された力士に退職金出したら、真面目に相撲を取ってる現役力士に示しがつかない。ゲストが貴源治ということもあるが、貴闘力は「ユーチューバー的思考」に完全に染まってしまったのか、もともとこんな人間だったのか。

    とにかく秋場所初日だが、総裁選のニュースにテレビ観戦を邪魔されそうだ。皇室関連のニュースもありそうだが、これに関しては結果はどうあれ、どんな報道も野次馬でしかない。

  2. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    貴闘力の思考回路は変ですが、良い歳してるんだから、もう出来上がってるんでしょう。身近に会う人でもないので、それはそれで。そして大相撲は、話題の少ない秋ですね。照ノ富士と豊昇龍、他は土俵で魅せてくれる力士の登場を待つばかり。土俵に秋風が吹かないように。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です