照ノ富士 と琴奨菊は攻防のある相撲でした、しかし高安には・・・





大相撲夏場所5日目は照ノ富士について、というか先場所のことがありましたので、照ノ富士ー琴奨菊戦に触れないわけにはいかないでしょう。

今場所は初日から照ノ富士に対して、どこかに「先場所のブーイングはゴメンね」的な空気が両国国技館に漂っているように感じます。先場所、千秋楽後の照ノ富士の静かな態度も影響しているでしょう。

実際は、取組前の館内に先場所のイメージを引きずっている雰囲気はありませんでした。これは多分に、今場所はそれだけ話題が多いというのがあるでしょう。すでに、過去の出来事です。

ところが立合いに照ノ富士が突っかけると、突如館内がざわめき出しました。完全に先場所の相撲がフラッシュバック、緊張感が走ります。

相撲は琴奨菊が時おり見せる、右四つで左前まわしを引いて一気に寄る相撲。左も良いところを引いて、土俵際まで照ノ富士を追い詰めました。そして照ノ富士の残すところを、右からすくおうとします。

しかし左四つから残すところを右からの突き落としは琴奨菊の十八番ですが、右からのすくい投げは照ノ富士には通じません。右四つに組み止められます。

相変わらず照ノ富士の右四つは四つ具合が良いし、引き付けての上手投げも豪快です。相撲内容は、両力士の良いところが出て攻防もありました。しかし立合いの当たりを見ていると、高安のカチ上げの威力に今日の照ノ富士では対応できそうにないですね。

今場所の焦点が高安に集まりそうな中、同世代の照ノ富士には頑張ってもらいたいものです。いつものマイペースな感じの照ノ富士ですが、また一場所ごとの弱い照ノ富士か、そうじゃないのか・・・分かりません。

大相撲力士名鑑 : 照ノ富士

大相撲 幸運ブレスレット




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA