貴景勝

大関獲りで精神うんぬんを言うのは安易で嫌いだが、 貴景勝 には当てはまるかもしれない





横綱・大関陣が好調で優勝争いが白熱する大相撲春場所なのだが、大関獲りが懸かる貴景勝は6勝2敗で前半戦を終えた。この展開ならば、横綱・大関戦の白星の価値も高い。期待も高まる。

突き押し相撲は調子相撲の印象が強いわけだが、貴景勝の取口もその傾向があるのではないか、と感じたのは玉鷲戦だった。精神面が影響すると。

貴景勝の相撲は突き押しというよりも突き相撲だ、と思う。リズム良く突っ張り、その突き手の引きの速さから、相手よりもワンテンポ速いタイミングで攻め進む。

その間断無く攻める突きは、攻め手が途切れないという意味で「押しのような突き」と言える、と私は思う。貴景勝独特の突っ張りだと。

玉鷲戦での貴景勝は上体に力が入っていた、ように見えた。だからいつもの、タイミングの良い突っ張りは見られず、突き手の引きの速さが無かった。

ムキになって突き手を伸ばすから、次の一手が遅かった。押し込むように突き手を伸ばすから、「押しのような突き」ではなく、「突きのような押し」になっていた。

「突きのような押し」は結局は、「ハズに掛かっていない押し」と同じ意味であって、まったく貴景勝のリズムの良い攻めではなく、容易に玉鷲の反撃を許した。

貴景勝の取口に力みは禁物。あの突っ張りのリズムを保つには、力みのない上体で重心は下半身という相撲でなければ隙が生まれる。逆に言えば、本来の相撲に徹すれば、好調の横綱・大関でも簡単には勝てない。

大関獲りうんぬんのときは、解説者がよく精神面について語って、「そんなに精神面だけで勝ち負けが決まるか」などと思うこともある私だが、貴景勝に関しては大きく影響しそうな気がする。突き押し相撲だから、多くの人がそう思っているか・・・。

大相撲力士名鑑 : 貴景勝




2件のコメント

  1. >>貴景勝に関しては大きく影響しそうな気がする。
    今日八日目の遠藤戦を観る限り、精神面の影響はなさそうだが、この力士、勝とうが負けようが、感想は「普通」だけだ。緊張しているのかリラックスしているのか、よくわからない。
    横綱・大関戦は番附通りに終盤十一日目以降か。最低でも3勝2敗が必要となるか。
    なんか考えている私のほうがカタくなる。貴景勝本人は大関獲りに失敗しても「普通」なんだろうが。

  2. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    横綱・大関戦が楽しみな貴景勝、ここで本来の相撲をとれるかですね。とれそうな雰囲気が出てきました。大関獲り成就への期待大ですが、貴景勝以外の若手力士の小休止振りも目立ち、ここは貴景勝がやってくれないと土俵の盛り上がりも小休止という状況ではあると思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA