千代の富士 土俵入り

大相撲総選挙、千代の富士 の1位は納得、イケメンの明武谷も納得、柏戸大関って何?





見ました、「大相撲総選挙」。1位は千代の富士でしたが、人気と印象度と世代を実力と兼ね合わせると、やはりという感じでした。今日が千代の富士の一周忌というのには触れていなかったようでしたが、私が気付かなかったのか・・・。

白鵬が4位ということで、それだけ今回は世代的に幅広いアンケートだったのでしょう。世代というのは、大きな要因になりますね。プロ中のプロである元NHKアナウンサーの杉山氏の最強力士の意見でさえ、世代を感じます。失礼な話で、ごめんなさい。

双葉山は実際に見ていないので、1位は大鵬。2位は北の湖、3位には栃錦と若乃花で、千代の富士が後れをとる理由は、左四つの若乃花には右四つで呼び戻しがあったが、右四つの千代の富士は左四つでは今一つ。栃錦は土俵を丸く使ったが、千代の富士は直線的、というのが理由です。

大ベテランに反論するつもりはありませんが(反論か?)、千代の富士も左四つで相撲をとれたし、直線的に感じるのは、それだけ出足に威力があったと思いますが。

という感じで世代間とは、これだけ意見が違うものです、ということを言いたいだけで、杉山氏の意見にどうのこうのではありません。本当です。双葉山が8位というのも、今の世代だったら妥当かもしれません。

しかし「相撲の神様」は違和感あり過ぎでした。たまに双葉山を「角聖」と称するメディアもありますが、「相撲の神様」もダメです。「角聖」もですが、実際に呼ばれた力士がいるのですから、間違えるのなら、誰も呼ばれていない称号を付けてほしいですね。

ついでに気になったのは多々ありましたが、複数間違われたのは柏戸。錦木の「大関の時以上に、横綱になっても強い」、絶対柏戸じゃないでしょう。勢の「柏戸大関」、「かしわどぉぜき」って言っただけでしょう。突っ張りが得意って、柏戸はノド輪とおっつけ、そして前ミツ。突っ張りもしていましたけど・・・。

他にもライバル力士の選択も・・・柏戸・大鵬・北の富士、これは多過ぎたのと、多くて覚え切れなかったので書きません。愚痴が多くなりそうだし。

能町みね子イケメン番付」の東の横綱、明武谷はさすがですね。どこがと言うと、明武谷は土俵上よりも近影の方がイケメンの力士、「生々しい番付」と思いました。

米軍基地が東京近郊にあった時代、パーティーのたびに米軍将校夫人たちに拉致されるように連れ出された明武谷でした。本名が明歩谷、というのが受けておりました。

ちなみに西の横綱は旭豊。今でも俳優のよう、と能町さんは言っておりました。「角界の松平健」は今でも俳優みたいで、松平健は今ではちゃんこの上手な親方に見える今日この頃です。

大相撲力士名鑑 : 千代の富士

 

パワーストーンブレスレット:ローズクォーツで赤房をイメージしました




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA