高安

今場所は高安・遠藤・竜電で盛り上がりたい、それと剣翔の打っちゃりは決まってたでしょ





2日目、稀勢の里はアゴを引いて立ちました。この前のテレビで、三代目若乃花が提案していたような立合いとなりました。何か、吹っ切れたような感じがしますね。

ところで、先日のコラムでの琴錦の「レベルが落ちてる」発言を取り上げましたが、これは貴乃花と朝青龍の世代交代が競い合いがないままに行われたことを指してのことでしょう。「白鵬が強いうちに倒せる力士」の登場が必要と語っておりました。

序盤戦、横綱に対する貴景勝・阿武咲・北勝富士の取組は話題性も有って盛り上がっておりますが、世代的には離れております。照ノ富士・遠藤のケガ、逸ノ城の失速で、挑戦する世代が一世代繰り上がった感があります。

ここで横綱陣が踏ん張って世代交代が遅れると、琴錦の言うところの「レベルが落ちる」状況に数年後に陥る可能性が高いと予測されるでしょう。トコロテン的な世代交代が、大相撲ファンとして一番避けてほしいものです。ならば、ここで弾けてほしいのは高安であります。

照ノ富士・遠藤・逸ノ城の世代で大関を張っている高安が白鵬に追いつき、若手力士の壁になる土俵の展開が期待されるわけです。今までは型が定まっていないと見える高安の相撲に、いろいろと注文をつけてきました。

しかし今場所の高安の相撲は、やはり型は無いものの魅力的です。挟みつけるような豪快な相撲が、豪放磊落な高安のイメージと合っているし、充分に力を発揮できる相撲の型と感じます。

今場所あたりから白鵬と鶴竜と渡り合える存在に、高安はイケそうな予感。安易な引き技を出さないことがポイントですが、なぜか今場所は出さないような気がする。私の予想は外れることの方が多いが。

そして理想は高安と同世代の遠藤・照ノ富士・逸ノ城・竜電が番付を上げるのが、もっとも土俵が盛り上がるはずです。御嶽海・貴景勝・阿武咲・北勝富士との、取口のコントラストもあって。

特に遠藤への今場所の期待は大きいし、潜在能力は御嶽海を超える、と今でも思っております。小指から上手を引き付けられる腰の構えは、今の土俵において一味違う相撲が出来るはず、と今でも。

そして竜電、初日は格好良い勝ち方でした。格好良いことは良いことです。竜電が男前だから言うわけじゃありませんが、格好悪い勝ち方よりも格好良い勝ち方が、また同じ型で勝つ可能性が高いからです。

高安・遠藤・竜電の1990年生まれの3力士の活躍が、今場所の一番の楽しみ、と言いながら、こっそり豪栄道の完全復活にも期待、こっそりと。

そして2日目は、これはこっそりではなく堂々と腹が立ったのが佐田の海VS剣翔。何で剣翔の負けなのか、打っちゃりが見事に決まっている。どこで佐田の海の体が無くなったか、それが判断できないのか?「体が無い」とは、自分の能力だけでは、元に戻ることが出来なくなった状態ですよ。

「剣翔の手が先についている」って、先に手がついたとか、先に土俵から出たとか、それは再生された映像を見て判断するだけなら小学生でも分かる。白鵬じゃないが。

「どの瞬間に体が無くなっているか」「親指が返っているが、まだ攻めている状態か」など、再生映像を見ても相撲の勝敗の判断は、本当は極めて難しいものです。

打っちゃりという決まり手の物言いの説明が先に手をついていたとは・・・、説明のしかたもオカシイ。山科さん。「体が有るか、無いか」は「体が割れたか、割れてないか」で決まることで、打っちゃりの場合は、そこがポイントのはず。体が割れていないなら、背中から落ちているはず。

何の競技でも判定ミスは付き物です。しかし昨今の打っちゃりの急激な減少、それが久々に見事に決まったのに・・・これではますます使い手がいなくなってしまうという残念な思いから、つい感情的になってしまった。

って言うのはウソ。打っちゃりを見ることが少なくなったので、打っちゃりを判定する目が曇ってるんじゃないかという疑念が有るから、言葉がキツくなっているのが真実であります。

力士一覧 : 高安 遠藤 竜電




2件のコメント

  1. >>佐田の海VS剣翔。何で剣翔の負けなのか、打っちゃりが見事に決まっている。
    剣翔、腰のテーピングがトレードマークになってた時期もあったんで、きれいな反り腰の打っちゃりにならないのが仇となったのかなあ。体は完全に割れていた。
    あと1回取り直しの後の2番目の相撲だったのも剣翔に不利に働いたか。最初の相撲なら少なくとも取り直しになったと思う。
    あと審判長が山科親方でなければ…もうエエか。

  2. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    吊り出しや打っちゃりを、見たい見たいと思っているとき、あのような判定のショックは大きいです。見応えのある相撲というのが、結局は最優先事項なのですね、私にとって。そして多くの大相撲ファンも、迫力ある決まり手、美しい決まり手をもっと見たいと思っていることでしょう。取組時間が短くなって、淡白な相撲内容が増えたと言われる朝青龍時代以降しか知らないファンには、なおさら見てほしいと思っております。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA