栃ノ心

大関候補の最終兵器、栃ノ心 のアタックチャンスがやって来た





栃ノ心にとって今、大きなチャンスが訪れている、という気がします。栃ノ心は横綱・大関に弱い、というのが今までの残念な実績。しかし関脇以下の力士に強いということは、世代交代で一気に抜け出せるという可能性が大いにあります。相撲人生の「アタックチャンス」。

上位に弱かったのは、それだけ栃ノ心が自分の相撲をケレンミ無く土俵にぶつけている結果でしょう。先日、御嶽海をトーナメント形式の学生相撲の完成形、「本場所で勝つための相撲」と称しましたが、栃ノ心の相撲はこの対極を為すものかもしれません。

横綱に殊勲の星で一気に人気力士へ、というパターンはよくありますが、それが少ない割には栃ノ心への拍手は多いと思います。これは相撲内容同様に、栃ノ心の実直さを大相撲ファンが理解しているからでしょう。

たしか激しい張り合いの相撲の後でしたか、勝ち越しのインタビューを怒りのあまりにスルー。風呂から上がって落ち着いたのか、浴衣姿で現れて「さっきはゴメンナサイ」。いかにも栃ノ心っぽい人間味が、ファンにも伝わっているようです。いろんな経験もしたようですし・・・。

自分の型を押し通す相撲は、その最高到達点はその力士にとって最大のものになる、と感じます。30歳過ぎての、栃ノ心の相撲のポテンシャルへの期待は大きいものがあります。

若手力士の頃はその太ももの太さを、決まり文句のように一日一回は言われるほどでしたが、その脚の筋肉は横綱柏戸に似ていると、見ていて思っておりました。

柏戸が「サラブレッド」と呼ばれていたのは、この脚の筋肉からの形容の部分があったでしょうが、栃ノ心も「馬みたいな脚だなぁ」と、人間離れしたほどの。

脚だけでなく、体全体の筋肉の質感も柏戸に似ていて、さらに取口のケレンミの無さも。しかしケガの多さも柏戸に似るのは、もう前回のケガで打ち止めにしてほしい。もう30歳だし。

柏戸はケガだけでなく、内臓も万全ではなく30歳で引退してしまう。力士にとっては、内臓の強さも素質の一つでしょう。栃ノ心、内臓は強そうだ。筋肉の張りも、今が一番に見える。

ケレンミ無い栃ノ心と、臨機応変の柔軟さの御嶽海。これは面白い取組になりそうです。この好対照を考えると、大関レースのライバルになるのが一番面白い展開。

ヒザも万全になれば、さらなる充実も期待できるし、何より栃ノ心に似たタイプの力士がいない今の土俵です。大関レースへの参戦が望まれる、平成30年であります。

大相撲力士名鑑 : 栃ノ心




2件のコメント

  1. もし相撲が右四つガップリから始まるルールだったら、栃ノ心や逸ノ城は平幕にはいないだろう。平成30年なら、うっかりすると白鵬より強いかも知れない。
    外連味のない相撲は好感を持てる。外国人力士がみんなロクでもない連中ばかりではないことを証明してくれている。ただ、左上手取ったら強いのも対戦相手はみんな知っている。
    対白鵬25戦全敗、対鶴竜1勝22敗、ほぼ同じ展開で負けているような感じだ。
    舞の海がヌカす「白鵬と20回以上対戦して、一度も勝っていないんですかあ」という「イヤミのデパート」を閉店させてほしい。

  2. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    栃ノ心のケレンミの無さは、「まだ強くなる」という期待を抱かせますし、何より「昔から見ていた昭和の相撲」という感覚を持ちます。ここ数番は先制攻撃も目立ち、栃ノ心の進境を見ることが出来ると思います。白鵬への白星も、間近では。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA