貴公俊 たかよしとし

貴公俊 の暴力事件による休場と入れ替わるような 若隆景 の勝ち越し、勝負の世界だ、これからだ





貴公俊の暴行事件に関してはネット等での内容しか分かりませんが、殴ったのは事実のようですから、状況がどうだったかとかは知る必要もないでしょう。反省して、心を正して、出直すしかない。

日馬富士のときは礼節を教えるのに暴力を使ったと伝えられたし、「ムリヘンニゲンコツ」も角界の礼儀を教えるときに使われるみたいだけど、だいたいは怖い人は暴力を使わなくても怖い。

言われることに筋が通っていて、その言葉と物腰に迫力と信念があれば、暴力よりもはるかに怖い。言葉では分からない段階もあるだろうが、その時期は稽古でケチョンケチョンにすれば済むような気がする。違うかな?

昔テレビで、魁皇が一つ年上の土佐ノ海を「おい、土佐」と呼んで、土佐ノ海が背筋を伸ばして「はい、大関」で答えていた。入門も番付も全然違うし。

旅番組で、現役当時の朝青龍と千代大海が二人で食事。「まぁまぁ、横綱」「まぁまぁ、大関」と、お互いに先にビールを注ごうとして、結局同時に注いでいた。

そういうベテランなら、年齢の違いも入門の違いも番付の違いも越えての、大人の付き合いとなるわけだが、そこまで行くのが大変なわけでしょうね。

立合いの突っ掛けや負けたときの礼など、貴公俊には指摘事項がもろもろある。繰り返すが、心を正して出直すしかない。そして貴乃花親方は全力で弟子を守る、その守り方も安易な守り方では厳しい目で見られるでしょう。

さて明るい話題、貴公俊とともに大きな期待を寄せている若隆景の新十両当確。貴公俊・炎鵬を破っての勝ち越しは、中身も充実している。

当ブログでは昭和の力士のコラムを多く書いているわけで、「昭和の力士体型」という言葉を何度も使ってきた。しかし「昭和の力士体型」といっても、体重は当てはまっても重心が高いとか、重心は低いが体重が重いとか。

今まで「昭和の力士体型」と表現した力士の多くには、下駄を履かせての「昭和の力士」。若隆景は、裸足のままで「昭和の力士体型」をしている。180㎝以上の業師、というもの久々のような。

関取と取的の入れ替わり。貴公俊に話を戻せば、厳しいだろうが、若いのだから挫けず頑張らないと。若くて、暴力で失敗する人間は、山ほどいる。

まぁ、今日は貴源治も大変だ。ヤジもあるだろう。どんな顔して、土俵入りをするのだろう。アッ、どんな顔って、貴公俊とほぼ同じ顔だ。

大相撲力士名鑑 : 貴公俊 若隆景




2件のコメント

  1. 貴源治は九州場所、腰投げ、というか、プロレスラー佐々木健介の「逆一本背負い」で投げ飛ばされた照強と対戦だった。確か勝負が決まった後の貴源治の礼が不十分だったため、行司に呼び止められて改めて礼をさせられていた記憶がなる。
    遺恨があるか、と思っていたが、荒れた相撲にもならず勝った。今回の事件は貴源治には良薬になったようだが、問題は当事者の貴公俊だ。
    「場所後の理事会で処分を決定」「貴乃花親方は奇行テロリストと化して、龍神総宮社の辻元公俊祭主を役員室に入れようとした」「もはや師匠じゃなくて支障だ」貴公俊に有利なことは何一つない。
    どんな処分でも、反対論は出るだろう。それならば相撲協会に残す方向で検討してほしいのだが、40代伊之助・大砂嵐と、最近は厳罰化が著しい。理事会のご寛恕を願う。

  2. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    私も学生時代の10年間を体育会で過ごし、体罰は反対ですが、今回の件への厳罰というのは行き過ぎると思わざるを得ません。大相撲SNSにも厳罰を支持するものがありますが、プロとプロとの間で起こったことです。相撲協会も、あまりに社会的に迎合する方向で厳罰を下すと、それは信頼を失することにつながると思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA