御嶽海

御嶽海 が序盤戦の主役となっている感じがするけど、どこまで絡むのか





選抜高校野球中止のニュースが、大相撲中継の中で流れた。大相撲と高校野球は取り巻く環境も違うだろうが、大相撲も本当に一日一日を刻んでいかないといけない。そして大相撲なら夏場所、高校野球は夏の全国大会の無事な開催を願うばかりだ。

土俵の方は、これは初日から話題の上っていた朝乃山が白星を並べている。しかし、この4日間で最も強そうな勝ち方をしているのは御嶽海、と感じている人も少なくないはず。いわゆる「台風の目」。2回も優勝しているから、台風の目ってのもなぁ。

先月、調子相撲についてのコラムを書いたが、その代表的存在が御嶽海と言っても過言ではない。もれ伝わる稽古場での姿勢なども、調子相撲のイメージにピタリと重なる。

取口は相手力士によって何にでも対応するという部分は、さらに際立っている気さえする。「御嶽海」という字を、さらに太字のマジックペンで「御嶽海」となぞったようだ。朝乃山の右四つとは好対照。

突き押しでも、四つでも取れる。そして150㎏を、はるかに超えた体重。近年の力士の一つの完成形、目指す相撲の型なのかもしれない。アマチュア相撲での指導の中で、極めたらこういう形になるのかもしれない。朝乃山のような相撲を取れる力士は、たぶんひと握りだろうから。

とは言え、相撲が止まれば御嶽海の勝率は高くはない。やはり攻め主体の現代相撲。そして、その現代相撲は限りなく調子相撲に近づく。しかしなぁ・・・さっきも「調子相撲のイメージ」って書いたけど、これも御嶽海にイメージを勝手につけて、マジックでなぞっているだけかな。

だって、大関を張った過去の力士でも、調子の波だらけだった大関もいたわけだし。まぁ、今場所は御嶽海と朝乃山の対照的な相撲の型の勝負と、どちらが(あるいは、どちらも)白鵬に対抗できるか。正代がどこまで絡めるのか。この辺りを見ながら、序盤戦が過ぎようとしている春場所であった。

大相撲力士名鑑 : 御嶽海




2件のコメント

  1. 三日目、御嶽海は正代を一方的に破った。正代の立合いアゴ上げ胸出しも、学生相撲出身でなければ=大相撲から相撲のキャリアを始めた力士ならば矯正されるだろうが、ナチュラルな強さならナンバー1の力士だ。その正代を問題にしない。

    突き押しでも四つ(右四つ得意なのか?)でもオールマイティなのも御嶽海で、年1回優勝するのも御嶽海、優勝の前後の場所が1桁なのも御嶽海、序盤5連勝でも中盤終盤で5連敗するのも御嶽海、もうマジックペンが何本あっても足りない。
    今場所は西前頭3枚目だから、中日までに白鵬・朝乃山と組まれるか。両方勝てば3回目の優勝が見えてくる。ただ、来場所も好調かどうかはわからない。マジックもう1本下さい。

  2. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    御嶽海が調子(相撲)に乗れば、優勝争いが面白くなる、そういう期待感を持ってしまいますね。大関に上がらないまま何回優勝するかとか、変な楽しみ方もあったり。しかし白鵬と鶴竜が引退した後は、どんなポジションになるのか、巧さだったら一番でしょうが。琴勝峰や豊昇龍相手の方が、持ち味を発揮するかもしれないし、予測しづらい土俵の風景です。それも面白い。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です