遠藤 の後輩の 里山君と、陸奥部屋の 霧馬山 のお話です





大相撲力士名鑑の力士も150人となりまして、書いていない力士のコラムも、残りは数えられるぐらいになりました。今日はフェイスブックで拾ったネタを書いてみます。

遠藤の高校の後輩になる里山君という高校生力士が、テレビで紹介されておりました。180㎝・105kgで体脂肪率が13%、立派な体をしています。かなり、負けん気が強いようです。

今の高校相撲では、100kgちょっとの力士はトップクラスには少ないわけですが、17歳ぐらいのときは100kg前後の方が筋肉のために良いと思います。

相撲も歯切れの良い、廻しを引いて前に出る相撲でした。この里山君のライバルとして紹介されるのが、190㎝・160kgの納谷君でした。名字でお判りでしょうが、大鵬の孫だそうです。

こちらは豪栄道の後輩ですね。大鵬のDNAは、やはり破格です。貴闘力のDNAも・・・。こちらは大学進学らしいと、ネットには出ております。

里山君は、ぜひ高卒で入門してほしいですね。面構えも良いし、言動も威勢が良い。貴景勝阿武咲に通じる雰囲気を持っています。まだ先のこととは言え、貴景勝・阿武咲とは3学年、貴源治貴公俊とは2学年しか違いません。同世代と言えなくはないです。

里山君も廻しを引いて強い力士ですが、廻しを引けば幕下の霧馬山が来場所は楽しみです。年齢は貴景勝・阿武咲と同じ、霧島の陸奥部屋期待の力士です。

霧馬山は184㎝・118kg、21歳になったばかりですから、ちょうど良い体だと感じます。幕下での貴源治との対戦は、かなり注目ですね。十両で活躍するところを、早く見たいものです。そして里山君は・・・入門するとしても来年の話。少しばかり、気が早すぎた話でしたね。

大相撲力士名鑑 : 年代別力士一覧

 

パワーストーンブレスレット:ローズクォーツで赤房をイメージしました




2件のコメント

  1. すも吉さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    返信が遅くなり、失礼しました。たしかに気の強さは大切ですね。貴景勝や阿武咲などは表に出ますが、普段は温厚そうな宇良の、千秋楽の花道を下がったあとの激しい表情も印象的でした。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA