千代丸

千代丸 はカワイイから人気があるわけではないのは、大相撲ファンなら分かっている





久しぶりに、力士名鑑に新しい力士を加えました。加えたということは、その力士で初めてブログを書いたということです。千代丸・・・土俵入りの声援を聞いても分かるように、ブレイクしております。

最近は四つ相撲にも進境を見せていますが、千代丸と言えば土俵際での粘りですね。あの絵に描いたような太鼓腹がゴムのようにしなり、そして土俵の円さも使えます。やっぱり大相撲ファンは、土俵際の残す相撲が大好きなのです。

四つ相撲が好きで土俵際を残す相撲が好きな私ですが、今の千代丸の人気を見ると、今も昔も大相撲ファンの欲求は同じ、大相撲に求めるものは一緒でしょ、少しだけは変化しているけど、という感じです。

千代丸の人気で、はっきり言いますが、大相撲を知らないマスコミが「見た目が可愛いから、人気があるんじゃないか、千代丸ってお相撲さん」って感じで今、取り上げられているみたいですね。まぁ、その線でも取り上げられるのは良いことです。

今はとにかく、自分を信じて、四つ相撲を信じて、この道を真っすぐに歩いていってほしいですね。突き押し&叩きは、スペシャリストの千代大龍に任せて。

オールラウンドじゃなく、自分の相撲を確立してほしいものです。突っ張りも、先制攻撃としては有効です。ちなみに千代丸の突っ張りはキレイです、威力うんぬんは別として。威力はあるけど、相手の目に指が入りそうな(実際に入ったりしてるけど)突っ張りよりも良いです。

ちょっと話は違いますが、最近のケガの多さに対して「土俵際で残すのは、やめるべき」という意見を、SNS等で見ることがあります。「う~~ん?」と思う前に、千代丸の土俵際の粘りが目立つのは、そんなに土俵際で残す力士が少ないからだろう、と思いますけど。

「土俵際で残すべきではない」と同じ側の意見で、「北の湖は土俵際で、まったく残ろうとしなかった。だからケガをしなかった」というのもありました。北の湖って、そうだったかなぁ・・・北の湖がこれを読んだら、悔しかったと思うけどな。

たしかに高安も、十両の剣翔も希善龍も、踏ん張った状態で痛めたように見えましたけど、あれを踏ん張らなかったら・・・大相撲じゃないでしょ、と思う。

とは言え、千代丸が小結にでもなって(関脇と言わないところが良い)活躍してほしいですね。千代の国・千代翔馬と、個性が光る力士が多い九重部屋。次は、千代鳳の復活ですね。

大相撲力士名鑑 : 千代丸

 

パワーストーンブレスレット:ローズクォーツで赤房をイメージしました




2件のコメント

  1. >>最近のケガの多さに対して「土俵際で残すのは、やめるべき」という意見を、SNS等で見ることがあります。
    土俵が高すぎる。もっとフラットにするべきだ。という意見もよく見る。力士のケガは減るかも知れないが、砂かぶりの観客が危険だ。あるいは「砂かぶり」自体を廃止しろ、ということなら、大相撲の形態が変わってしまう。NHKもカメラワークを根本から変えなければならない。

    >>「北の湖は土俵際で、まったく残ろうとしなかった。だからケガをしなかった」というのもありました。
    おそらく昭和50年春場所優勝決定戦の貴ノ花戦がやたら放送されるからだろうが、あれは大関貴ノ花の生涯ベストの相撲だ。貴ノ花は体の割りに胸を合わせてがっぷり四つになる相撲が多かった記憶がある。頭を付けて前ミツ取る相撲はこの決定戦ぐらいではないか。
    北の湖は昭和48年九州場所十二日目の富士櫻戦で足首を骨折しながら、千秋楽大関大麒麟に勝って10勝目を挙げたことを誇りにしていた。おかげで後年、北の湖理事長となってから公傷制度が廃止されて、現在まで力士がエラい迷惑している。

    ああ、千代丸の話だった。一時十両で低迷していたときは、これまでの力士か、と思っていたが、四つ相撲にチェンジして成功した。あの「ゆるキャラ体型」が人気だが、意外と眼は鋭い。案外嘉風タイプの曲者力士になるかも知れない。

  2. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    北の湖も貴ノ花も40年という歳月が流れると、違うイメージの力士になってしまうのかもしれません。しかし同様に、私たちが見ることが出来る範囲の双葉山や羽黒山も、実際とは違うイメージで捉えているかもしれません。だからこそ、実際に見たことを書き残したい(ちょっと大袈裟で、エラそう)と思います。土俵の高さは、四つ相撲の多かった時代では、寄り倒しと打っちゃりの体勢で受け身をとる時間と空間を作っていましたが、今は押し倒される場面の方が圧倒的に多く、そして受け身も昔ほど巧くないと感じますね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA