御嶽海

今回も逸ノ城と御嶽海の優勝争いの話、そして十両は貴源治か、気が早いか





栃ノ心の左足の状態は悪そうだ。これ以上、悪くならないように祈るばかり。優勝争いは厳しいか?厳しいと言えば、高安も連敗。逸ノ城戦の、あの謙虚?な立合いは何だったのだろうか?

これで御嶽海と逸ノ城が、ますます元気になりそうだが。逸ノ城も前回の三役のときとは、出場している横綱・大関の数がまったく違う。半分だ。

逸ノ城の取口は、自信を持って相撲をとったら強いだろうなと思わせます。そして、そんな状況が出来つつあります。怪物覚醒の春場所となるか。

番付を見ると、「この力士なら逸ノ城に勝てそうだ」と感じる力士は、鶴竜以外に見当たらない。しかし逸ノ城も、「無茶苦茶強そうだ」という感じには見えない。

顔とか雰囲気とか、その辺もあるだろうけど。取口も荒々しさが無いし。高安戦の後のヒーローインタビューでは、「前に出る相撲」を繰り返していたので、そうなると荒々しさも出てきそうだ。

御嶽海も好スタート、相手力士によって最善の取口を見せる「相対的な強さ」は目を見張る。そして持ち前の、展開の中での反応の素早さは、もう三代目若乃花や鶴竜の域にまで達するかもしれない。

「型の無いのが、相撲の型」は大鵬だったか・・・、御嶽海もこのまま全方位対応型で行ってしまうのか。行くかもしれない。高安と豪栄道に対して弱いわけだが、どうなるか。

2日目で印象に残ったのは貴景勝、自分のリーチの無さを逆利用した攻めは見事でした。あれだけ張り手から間を置かず、次の攻めが出来る力士はなかなかいない。

白鵬との睨み合いでも分かるように、貴景勝の攻めのリズムは独特だったけど、2日目の相撲が貴景勝の相撲のリズムかな、と感じました。インファイトが得意な、ファイタータイプのボクサーって感じ。

貴景勝と言えば、貴源治が強い。貴公俊の新十両で、燃えているのか。そして貴公俊は連敗、立合いに力が入り過ぎ? しかし貴景勝も貴源治も貴公俊も、立合いが何と言うか、ヤンチャを抑えきれないと言うか、そんな風に見えるのは私だけか。

20歳や21歳だから、致し方ないのかな。貴乃花部屋というフィルターで見ているだけの、気のせいか。しかし貴源治は十両優勝しそうな雰囲気もあるが。

逸ノ城に御嶽海に十両の貴源治まで、もう優勝争いの話になってしまっているが・・・、今場所の注目は私的には竜電と輝と阿炎だった。

大相撲力士名鑑 : 逸ノ城 御嶽海 貴景勝 貴源治




4件のコメント

  1. 負けてはしまいましたが、遠藤関がなかなかいい相撲をとっていましたね
    優勝はともかく、念願の勝ち越しは十分ありえると思いますし
    遠藤関がそれだけ買ってくると、上位陣はかなり波乱が起きるでしょうね
    明日の御嶽海関のとの直接対決、今後を占いそうで楽しみです
    十両は‥地味にというと失礼ですが、隆の勝関がいい感じで伸びてきています
    何だかんだ、最後の最後は優勝争いにいるんじゃないかとこちらも期待しています

  2. 逸ノ城デカい強い。三日目の対戦相手の宝富士も185㎝168㎏で、決して小さい力士ではないが、逸ノ城と四つに組むと姿が見えなくなる。
    逸ノ城はパワーで圧倒するタイプというより「真綿で首を絞める」ような相撲だ。217㎏の真綿だ。相手は堪らないだろう。

    明日四日目、NHKの大相撲中継の中入り前の特集は新十両の貴公俊だ。師匠の貴乃花親方はお出ましになるのか。
    鶴竜と照ノ富士が白星を増やしている。一安心だ。

  3. veloさんへ
    コメント、ありがとうございます。
    もともと遠藤は調子が良いときも悪いときも、変わらぬ土俵態度を貫く力士ですが、今場所は特に落ち着いていると感じます。三役に向けて、期待出来そうですね。十両も楽しみな力士が多く、良い意味での混戦が予想されます。隆の勝のケレン味の無い相撲は良いですね。

  4. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    たしかに逸ノ城には、「真綿で絞める」感じがあります。考えてみると200kgクラスでは、大乃国にも小錦にも、そんな柔らかさを感じませんでした。逸ノ城らしさが出てきた、というところでしょうか。貴公俊の新十両紹介は、今日のコラムのネタになりました。今から書きます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA