豊昇龍

豊昇龍 を優勝候補に推すのだ、 琴ノ若 にはぶちかましとノド輪を推すのだ





初日のブログで、若隆景は先場所から相撲が変わり、今場所は霧馬山が変わりそうで、さて豊昇龍は如何に?みたいなことを書いた。いや変わりました、豊昇龍。後半戦も、これで行けるか。行けたら、優勝争いに絡むかも。

豊昇龍は突き押しを見せることもあるけど、基本は廻しを引いての相撲。廻しを欲しがる、ということでは一番欲しがる力士と言えた。欲しがるっていうのは、おっつけたり絞ったりして廻しを取りに行くのではなく、いきなり廻しを探りに行く、という意味。そういう場面が一番多かったのは豊昇龍だった、と思う。

今場所は、これが減った。手を伸ばして、廻しを探りに行かない。なぜなら、相手力士との間隔が近くなったから、手を伸ばさなくても廻しに届く。いつでも届くから、無理に取りに行こうとしないのだ。原因は、突き押し相撲に対して簡単には下がらなくなったからだ。体幹が強くなったのかな。

若隆景や霧馬山は取口が変わったって話だったけど、豊昇龍は体が強くなったと言った方が相応しいかもしれない。この相撲が千秋楽まで続けば、ひょっとすると、ひょっとするかも。大混戦にケリを付けるか。

そして序盤戦に、ひょっとしたらひょっとするかも、と思わせた琴ノ若が4連敗。今朝の我が家に配達される一般紙には、琴ノ若に猛牛の勢いをという記事が載っていた。琴ノ若の取口に関する記事だ。私も琴ノ若の取口については、まだ認識できていないし、何が合うのかも分からない。

しかし、今朝の新聞記事には共感できない。琴櫻を、完全に突き押しの力士だと思っているし。猛牛と呼ばれ、ぶちかましの威力は大相撲史上のトップクラスだったから、それは致し方ないかな。それでもだから琴ノ若も突き押し相撲を、という論理は共感できないなぁ。

確かに琴櫻は柔道出身で投げ技が多く、そしてケガをしたことで突き押し相撲に変わったというところまでは合っている。しかし遅咲きで横綱になれたのは、四つ相撲に磨きを掛けたからというのが大きい。

まぁ、琴櫻は突き押しだけじゃないよってのは、上げ足取りみたいで申し訳ない。さらに共感できないと言っておいて無茶苦茶だけど、琴ノ若は突き押し相撲で、に私も一票を投じよう。前回も書いたけど、「コレだ」を持ってほしい。理由はそれだけだ。合うか合わないかは、分からない。私もいいかげんだな。

大相撲力士名鑑 : 豊昇龍 琴ノ若




砂かぶりの夜

2件のコメント

  1. 豊昇龍、今日八日目の正代戦は残念だった。
    >>https://pbs.twimg.com/media/FSykyUhVIAA0vRZ?format=jpg&name=medium
    勝っている相撲を負けにされて、気を悪くしたのか勝負の後の礼もしない。お行儀が悪いところは叔父さんを見習わなくてもいい。
    「ミスター差し違え」伊之助への忖度か、というコメントも見たが、せめて物言いは付けてほしかった。
    今場所の琴ノ若は「土俵際の魔術師」だが、目指す方向が違う。たまたま逆転勝ちが多いだけで、初日の貴景勝戦が理想に近いか。
    >>https://www3.nhk.or.jp/sports/special/sumomovies/clip/osS1np2Dx5gK5q.html

  2. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    豊昇龍が今場所の優勝候補の筆頭と考えていましたので、優勝争いはますます混沌としてきた感じですね。優勝のラインも、かなり下がりそうです。明らかな誤審ですが、それが今場所の優勝の行方を左右する一番で出たか、というガッカリ感は否めません。次回のブログで書くでしょうね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。