栃ノ海 は技巧派だったって今回書かれてることが多いけど実際は力強かった、力強くないと100㎏ちょっとで綱は張れないって





栃ノ海が亡くなった。これで私が大相撲を見始めたときの横綱が、皆鬼籍に入った。昭和の大相撲の象徴的な存在だった小兵横綱、100㎏ちょっとで横綱はもう現れまい。

ほとんどの名鑑等で、栃ノ海の体重は110㎏になっている。しかし今回のマスコミでの栃ノ海の体重は、100㎏余としているところが多い。昔の映像を見ると、110㎏あるようには見えない。昔は結構、サバを読んでいたと思う。

このブログでは、栃ノ海のことを2回書いている。昭和の大相撲をYouTubeで見て、一番インパクトがあるのが栃ノ海だ、みたいなのを書いている。

今回、多くの記事は栃ノ海のことを「技巧派」と書いているようだが、違うと思う。あの小さい体で大鵬や柏戸と相対していたのだ、技巧を前面に出す相撲では相手にならない。

栃ノ海は、とにかく体が強かった。筋肉が凄かった。下半身のバネが強靭で、上半身は廻しの引き付けが強かった。だって大鵬なんて白鵬ぐらいの体があったから、100㎏ちょっとで渡り合うには半端な体じゃなきゃ出来ない。

栃ノ海の言葉で印象に残っているのは、「四股は踏んだ方の足に重心が掛かるから、上げた方の足は力が抜けて、足先は下を向いてなければならない」というもの。

だから、阿炎の四股のように足先が上を向いた四股は、いくら綺麗でもダメなんだろう。もちろん、阿炎の四股はファンサービスだと思う。普段は、あんな四股は踏んでいないはず。貴乃花だって四股のとき、足先は上を向いていたし。

佐田の山と栃光との猛稽古は有名だったが、気性は栃ノ海が一番激しかったらしい。佐田の山と栃光の突き押しも激しかったけど。栃ノ海が今、貴景勝の突き押しを受けたらどうだろうなんて思うけど、時代が違えば意味は無い。

栃ノ海のような相撲は、過去の遺物なのかな。遺物じゃないけど、そういう体型の力士も取口も、現れないから遺物になるのかな。現れたら凄いけど。その凄かった、栃ノ海・・・花田茂廣さんのご冥福をお祈りします。

大相撲力士名鑑 : 栃ノ海




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です