攻めているときの 朝乃山 よりも逆転の 朝乃山 の方を強いと感じてしまった





5月場所が始まりました。上位陣は実力伯仲の力士が渋滞してるって感じで、二桁勝つのも負け越すのも、下手すりゃ紙一重の中での戦いになりそうだ。大関でも、そんな簡単には勝てる相手じゃない、そんな力士が上位に揃った今場所だ。

わんぱく相撲から中学校・高校・大学と相撲経験者が多い昨今、小さいころから知っている相手ならば、その相手が大関になったとしても気後れすることは無いんじゃないか、だから大関を守るのも大変な時代になるのではないか、みたいなことを前に書いた。

そうなると、例によって私の好きな体型の若手力士、若隆景・霧馬山・豊昇龍に期待すると書きたいところだが、初日の相撲で印象に残ったのは朝乃山だった。今場所も、一発目は朝乃山で。先場所も一発目は朝乃山だったけど。

先場所はというと、朝乃山に期待するなんて書いて、そして初日だったかな、右四つの速攻で圧勝して、なのに結局朝乃山については少ししか書かなかった。だって圧勝しても、強く感じなかったのだもの。

それが今場所の初日は土俵際での逆転での白星、これは逆に今場所の朝乃山は期待できるかも、と思ってしまうのは私の性格に問題があるからか。もちろん、攻めている相撲を見ないことには分からないんだけどね。しかし何故だか、攻めている朝乃山よりも強そうに感じてしまった。

相撲の内容では照ノ富士や貴景勝が優っていただろうけど。まぁとにかく、大関も守るのも大変と書いたけど、朝乃山も照ノ富士も貴景勝も優勝争いに絡むのかな、と思った初日であった。それと正代は、正代らしい相撲の初日であった。

大相撲力士名鑑 : 朝乃山




砂かぶりの夜

2件のコメント

  1. 朝乃山、左が十分使えれば、廻しを取らなくても強い。初日の大栄翔戦、押し込まれたが、左から相手の右肘を押して逆転した。イナシというより突き落としか。
    朝乃山の天敵=照ノ富士との対戦では、いつも右四つに組まれて左上手が取れない展開だが、離れて取る作戦を選択してもいいのでは、と思う。左は上手ではなくおっつけで行けば、というのは素人考えで、技術的に照ノ富士のほうが上回るからやはり同じ展開になるのかなあ。
    朝乃山、強いけど器用な力士ではない。白鵬のようになんでもできる力士ではないだろうが、もう少し相撲の幅が広がらないものか。とにかく照ノ富士から1勝、ってずっとこんなこと書いてるなあ。

  2. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    確かに、朝乃山にとって照ノ富士攻略は一大関門ですね。乗り越えれば、大きな一歩になるでしょう。しかし勝ち負け以上に、取口の部分で照ノ富士に有って朝乃山に足りないものを感じている今日この頃です。個人的な想いですが、以下はブログで書きます。書くネタなので、すみません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です