白鵬 と 照ノ富士 のマッチレースなら、 幕下は 北青鵬 と 北の若 なのだ





白鵬が進退を懸け、照ノ富士の綱取りが懸かる7月場所も序盤戦が終わり、その白鵬と照ノ富士が全勝で優勝争いのトップに立っている。場所の二つの大きなテーマが終盤まで持ち越せば、当然盛り上がるわけだけど、追いかける力士がいないので、少し寂しい。

白鵬は一戦一戦、対戦する相手力士によって戦い方を変え、勝利への執念を感じる。最大の敵はスタミナだ。一発勝負でどれだけ強くても15日間で一番勝率の高かった力士が称えられる競技が大相撲だから、照ノ富士以上の敵は15日間の長丁場であり、もう一つは7月の暑さ。

そして豊昇龍がどこまで星を伸ばせるか、隠岐の海戦は強引な取口で落としたが、私としては全勝に等しいと思っている、半分本気で。先場所のような足技ではなく、真っ向から勝っているし。優勝争いについていってほしいが、さてどうでしょう。

大関陣から三役、そして前頭上位まで実力伯仲の群雄割拠の土俵、みたいなことを先月あたりに書いたけど、実力伯仲で星の潰し合いという展開。本格的に潰し合っている。しかし今の状況を考えたら、リアルな展開ではある。

上位陣で1敗は御嶽海。一発勝負に一番強い力士が追いかけているけど、このまま星を落とさずに白鵬戦・照ノ富士戦を迎えられるかというと、そこまでの勢いは今のところ感じない。豊昇龍の方が、番狂わせの可能性を感じる。

番狂わせの可能性ならば、白鵬戦の若隆景か。隆の勝戦で、白鵬は隆の勝の右を嫌がっていた。若隆景の右も、相当嫌だろう。ここまで相撲内容は良い。1敗の御嶽海よりも良い印象。

優勝争いじゃなくて、番狂わせの話になってしまった。ここは北の若に頑張ってもらって、北青鵬VS北の若の若手力士での優勝争いを見てみたい。序盤戦が終わったばかりで、10日目みたいなことを書いているなぁ。本当の10日目には、想像できない展開になってるかもしれないけど。

大相撲力士名鑑 : 白鵬 豊昇龍




砂かぶりの夜

2件のコメント

  1. 白鵬には申し訳ないが、五日目までに引退表明しているものと思っていた。
    好調ではないが、白星は掴む。「勝ち方を知っている」という言葉を最初に言い出したのは誰だろう。角界関係者ではないと思うが。
    逸ノ城は今場所貴景勝を潰して「いよいよ開眼か」と思ったが、白鵬戦は完封された。今日の照ノ富士戦も期待はできないか。
    北の若、今場所幕下21枚目だ。2枚目の北青鵬と対戦するのは七番相撲か。組んで勝てるとは思えないが、まずは白星を重ねていこう。

  2. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    白鵬のここまでは、正直のところ驚きです。内容は決して良くないですから。どんな形で終盤戦を迎え、そして千秋楽を迎えるのか、今のところ見当もつかないという感じです。そして北の若、この場所がターニングポイントになったと言えるような場所にしてほしいものです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です