遠藤 清水川

遠藤 の復活はあるのか?表情や仕草で分からないのが遠藤ですが





夏場所が始まる前に、遠藤は今場所に三役に上がれなければ、しばらく足踏みするかもしれないというブログを書きました。私の気持ちとしては、遠藤の勝ち越しを見込んでの厳しめの内容で書いたつもりでした。

足踏みの予感は、言うまでもなく多くの若手力士の台頭です。そして遠藤のケガの回復具合も、今一つという部分です。名古屋場所は、厳しい戦いとなりそうです。

やはり遠藤の相撲は誰の目にも明らかですが、本来のものには戻っていません。安藝ノ海や三重ノ海を思わせると書いていた頃の遠藤は、廻しを引いてから投げを打って崩す相撲がありました。もちろん、投げ技で決める場面も多かった遠藤。

最近は投げで相手を崩す場面が少なく、安藝ノ海にも三重ノ海にも、あまり似ていなくなりました。当然ですが、これもケガの影響でしょうね。

遠藤は、イケメン力士との認識よりも「次の大関候補」として現れ、イケメン力士は後付けでした。照ノ富士や高安とほぼ同時期に番付を上げ、そのまま上がっていく予感を抱かせました。

投げ技が少ない遠藤が本来の姿では無いのなら、本来の姿に戻れば、再び大関候補と呼べるという望みは残っているわけで、照ノ富士・高安に番付で並ぶ姿を見られる可能性はあるはずです。

遠藤の投げは復活できるのか、あの旭天鵬を引っ繰り返した投げは・・・。封印を解く場面は、いつか来るのでしょうか。真摯な土俵態度と真っ向勝負は評価の高い遠藤ですが、元祖大関候補の本領は投げ技の復活でこそ発揮できると思っておりますが。

その表情や仕草からは復調の具合が分からないのが、真摯な土俵態度の遠藤たる所以でしょうが、番付では強敵に囲まれ、ここから遠藤の逆襲はあるのか?、暑い名古屋場所、遠藤の熱い戦いは見れるのか?、暑いから、茶漬けは冷やしか?

大相撲力士名鑑 : 遠藤

 

パワーストーンブレスレット:ローズクォーツで赤房をイメージしました




2件のコメント

  1. 出世が早くてイケメンで、八百長メール事件以降、ドン底だった角界に現れた救世主だ。
    今でもあの「顔出し看板」(確かザンバラ・丁髷・大銀杏の3体あった)は健在なんだろうか。
    現役力士の中でたぶんインタビューが面白くない力士の№1だろう。昭和の頃はそれが標準だったのだが、白鵬はやたら自分語りしたがるし(たまに舌禍事件も起こす)、御嶽海もちょっとビッグマウスちゃうか、と心配になるが、まあ大相撲自体が変貌しているんだろう。
    膝、というか脚の半分ぐらい覆うサポーターが珍しくもなくなった昨今、彼は負傷した左膝に何も装着せずに土俵に上がる。ツイッター等で所属部屋が異なる力士が仲良くしている写真がアップされても、彼は孤高のサムライだ(CMでは明るい兄ちゃんだが、これは仕方ない)。
    稀勢の里が最近愛想良くなってしまった。「しまった」と言うのも横綱に失礼だが、場所前はほぼ毎日取材を受ける以上、大関時代と同じではいられなくなったんだろう。
    遠藤は今後どうなるか。名古屋場所初日は宇良、二日目は輝だ。進境著しい若手力士の壁となれるか。

  2. shin2さんへ
    コメント、ありがとうございます。
    遠藤にとって名古屋場所は、年下の力士が大挙番付を上がってきて、激しい競い合いの場所になりますね。上を目指すには、簡単には追い抜かせられない立場です。今の土俵で、力士らしい佇まいを最も感じさせる力士、遠藤の活躍に期待しています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA