御嶽海

御嶽海 の逞しい言葉が次々と飛び出したインタビュー、縄跳びとダッシュも





数時間前に、名古屋場所で真価が問われる御嶽海というブログを書きましたが、今朝のNHKでのインタビューで力強い御嶽海の姿がありました。

最初に語っていたのが、「一歩目じゃないんです、二歩目が大事です」ということで、強い口調で語っていました。これは夏場所で、貴乃花親方が解説で語っていたことと全く同じです。

御嶽海はそのための稽古として、縄跳びや坂道ダッシュに取り組んでいました。そして一言、「稽古は土俵の中だけではないんです」と、語ります。

昨夜のブログで書いた、御嶽海の時折り伝えられる「稽古量の少なさ」と「稽古場での弱さ」という話を打ち消すような話を、図らずも聞くこととなりました。

その稽古風景の映像の後もインタビューは続き、「プレッシャーはありません」「勝ち続けるだけです」「関脇は大関になるための地位です」といった趣旨の、逞しい言葉が御嶽海から発せられました。

貴景勝との「一歩目より二歩目」対決、一歩目を封じる立合いの宇良との立合い、正代へのリベンジ。さらに大関を意識した発言をしたからには、その足掛かりになる勝ち星を考えていることでしょう。ならば、横綱・大関陣との相撲も。御嶽海絡みの相撲は、目が離せない取組ばかりです。

しかし貴景勝の二歩目も、これは只者ではない二歩目です。宇良にしても、かつて向かってこない舞の海を吹っ飛ばした琴錦のようにはいかない、それが宇良です。正代も両差し狙いではなく、当たってくるでしょう。

とにかく名古屋場所は、横綱・大関との相撲も若手同士のぶつかり合いも、興味津々の取組が多いわけですが、御嶽海の二歩目にまずは注目しましょう。

大相撲力士名鑑 : 御嶽海

 

パワーストーンブレスレット:ローズクォーツで赤房をイメージしました




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA